SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2006-04-11(Tue) オシロでなんとかする

  昨日は、簡単なコトがサクッとできない自分が、あまりにモドカしくて腹が立って、悲しくてフテ寝てしまったが、今日はなんとかもう一度、ヘコみつつも新鮮な気分で作業に取り組むのである。

  なにしろ、こーゆー場合はオシロだ。オシロしかない。まずは、変換基板単体で信号が出ているか確かめるのである。TTLレベルでは、スタートビットがLow(0V)になるから、立下りにトリガがかかるようにOsziFOXをセットして、TxDピンをモニタする。試験用プログラムはゲンブツ、秋月のPICプログラマV4である。

  接続したFT232BM変換基板のポートをデバイスマネージャでCOM1にセットし、PICプログラマ側でもPICライタがCOM1に接続されている旨を設定する……出た!! 信号が出てるじゃん!! この時点では特に何の問題もない。

  画像の説明

  ほんじゃ次は、一旦シリアルケーブル経由でPICプログラマを接続して、PICプログラマの応答波形を見てみよう。今度はRxDピンをモニタする……出る。そりゃそうだ。ちゃんと応答が返ってきている。PICプログラマはPICライタがCOM1に接続されている旨を認識した。

  じゃ、今度は本番。シリアルケーブルを外し、昨日作ったケーブルで、直接にFT232B変換基板とPICライタの特設ポートを接続、TxDピンをモニタする……出ねぇ……信号が出ねぇ……トリガがかからない。なぜ!? ぬぐぐぐぐ……考える、考える、考える……ハッ!?

  あっ……アホくさッ……原因はPICライタ上のレベル変換IC「SP202ECP」だ。コイツとの接続を切り離さない限り、コイツは元のシリアルポート(未接続)から来ている信号を見て「5V」を供給し続けるのである。そりゃ、USB側が信号を立ち下げたって、下がりゃしねぇよなぁ……とほほほ。

  幸いなことに、PICライタ上のSP202ECPはICソケットに刺さっている。ICとソケットのスキ間にドライバを差し込んでピョコンと抜き、再度PICプログラマから接続チェック!! 瞬時に「ライターをCOM1に検出しました」の文字が現れた!! ふへー……安堵アンド安堵。よかった、動いて。

  画像の説明

  オイラは、何もせずボケーっとしているほどに、心にプレッシャーがかかる性格だが、作業をすればしたで、うまくいかないとイライラしてヘコむ……我ながらとっても難儀な性格だと思う。しかし、誰しも自分の存在意義が確認できない状態では不安を感じるのではないか? そういう意味で、なんかモノを作り続けているコトが、オイラにとっての「第二の呼吸」なのだと思う。あぁ、久々に深呼吸できた気分だ!!

  とゆーわけで、明日はちょっとガワの体裁を整えて、再び作業を前に進めたい。では。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]
岸川 (2006-04-12(Wed) 21:53)

ひょっとして、”0”と”1”の論理レベルの取り違えでは?<br>以前、はまってしまいました。うっかりミスで気付くのに2時間掛かりました。

岸川 (2006-04-12(Wed) 21:57)

ひょっとして、論理”1”と”0”のレベルの勘違いではないですか?以前、はまったことがあります。うっかりミスですが判るまで2時間かかりました。オシロを見てもなかなか気付きませんでした。恥ずかしい限りです。

岸川 (2006-04-13(Thu) 08:51)

おお、それが原因でしたか。失礼しました。自分を基準に考えてはいけない。は・反省。

フルタニアン(管理者) (2006-04-13(Thu) 09:16)

いえいえ、ご指摘ありがとうございました。ちなみに、論理レベルの勘違いについては、私も以前にはまったことがあります。<br>http://www.itline.jp/~svx/diary/?date=20040903<br>RS232CレベルとTTLレベルでは極性が反転するし、TTLレベルの平常時はHIだし、まぎらわしいんですよね。