SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|

2018-05-20(Sun) 次なる製作の準備

  先日「縦線ばっかり、横線ばっかり」という順で記述されたSVGファイルはイマイチということがわかったので、自動的に一筆書きにするようプログラムを修正した。

  といっても、一筆書きのアルゴリズムはそう簡単ではなく、完璧なものにはなっていないが、実用上は問題ない、というレベル物にはなったと思う。

  画像の説明

  ちょいと工夫して、アニメーションGIFに仕立ててみた。一応は一筆書きになっていることが見て取れるかと思う。

  画像の説明

  実は、差し迫ってちょっと作らなければならないものがあり、そのための習作として、ROADSTERのキーホルダをデザインしてみた。とりあえず生成したSVGファイルをGIMPでラスタライズし、紙にレーザプリンタで打ち出したものであるが、最終的には近所のファブスペースでレーザ加工機を使って、本革で製作する予定である。

  こっちのSVGファイルは、実は以前に実装したタートルグラフィックスライブラリを使って生成している。こんなことやってるヤツは世界にもそう多くないんじゃないだろうかな。

  独自に実装した、ベジェ曲線描画コマンド「tThrough」と、パーフェクト破線描画ライブラリが実にイイ仕事をしてくれているのだ。我ながら、目的の四角形を囲むラウンドレクタングルを描く手法として、これ以上に美しい方法はどこにも存在しないと思える。そういえば、オイラは、昔からロジックで絵を描画するのがたまらなく好きなんだよね。

  というわけで、キーホルダを加工手順の記述スクリプトを以下に示しておく。

     # ROADSTER キーホルダ
 
     w1 = 46.to_in;  h1 = 20.to_in                               # 縫い目の内側の大きさ
     w2 = 20.to_in                                               # 折り返し部の長さ
 
     r1 = 3.to_in;   r1s = r1 * sqrt(2)                          # 縫い目の外側のR
     r2 = 5.to_in;   r2s = r2 * sqrt(2)                          # 折り返し部へのR
 
     s1 = 4.to_in                                                # 縫い目の幅
 
     images = ['roadster.png', 'skyactiv.png']
 
     win.tSetPos(300, 100)
     win.tSetHeading(0)
     win.tLeft(90)
 
     2.times {
 
         win.tForward(w1)                                        # 左回りに外形を描く
         win.tThrough(-45, r1s, -45)
         win.tForward(h1)
         win.tThrough(-45, r1s, -45)
         win.tForward(w1)
 
         win.tPenUp                                              # 内側の縫い目に移動
         win.tLeft(90)
         win.tForward(r1)
         win.tPenDown
 
         xs = []; ys = []                                        # 右回りに縫い目を描く
         win.tLeft(90);  xs << win.tXpos; ys << win.tYpos
         win.tDForward(*win.fit_dline(w1, [0, [1, s1 - 1]], { :FIT   => true }))
         win.tRight(90); xs << win.tXpos; ys << win.tYpos
         win.tDForward(*win.fit_dline(h1, [1, [1, s1 - 1]], { :FLOAT => true }))
         win.tRight(90); xs << win.tXpos; ys << win.tYpos
         win.tDForward(*win.fit_dline(w1, [0, [1, s1 - 1]], { :FIT   => true }))
         win.tRight(90); xs << win.tXpos; ys << win.tYpos
 
         win.put_image_png_center(xs, ys, images.shift)          # 縫い目の内側の中心にロゴを描く
 
         win.tPenUp                                              # 内側の縫い目から出る
         win.tForward(h1 + r1)
         win.tLeft(90)
         win.tPenDown
 
         win.tThrough(-45, r1s, -45)                             # 折り返し部分を描く
         win.tThrough( 45, r2s,  45)
         win.tForward(w2)
         win.tThrough( 45, r2s,  45)
         win.tThrough(-45, r1s, -45)
     }

  記述の意味を思い出すため、メモとしてイメージを追加しておく。

  画像の説明


2018-05-13(Sun) レトロな製作アレコレ

  ちょっと前からカッティングプロッタに興味があり、いろいろ下準備をしていた。ウチの近所には「ブラザーミュージアム」という、ブラザーの博物館があり、そこでカッティングプロッタの動作がお試しできるらしい。そのうち訪れようと思っていたが、ようやく実現した。

  もともとブラザーは、ミシンの製造で起業して成功し、その後はミシンで培った技術を幅広い分野に応用し、世界的な企業に成長するという、まさに企業の鏡のような会社なのであった。なので、博物館にはものすごい数のミシンが展示してある。

  画像の説明

  興味深かったのは、最古のミシンの次のミシン。作ったはいいが、体制維持派に破壊されたらしい。いわゆるラッダイト系の運動の犠牲になったというところか。まさにダメダメ運動の鏡のような出来事である。

  画像の説明

  他にも、何度かお世話になった「TAKERU」も置いてあった。「TAKERU」といっても炊飯器ではないので、待っていてもご飯は炊けない。待っていて手に入れることができるのはフロッピーディスクに書き込まれたソフトウェアである。

  と、ひととおり見回った後、体験コーナーに行ってみると、カッティングプロッタはあった。ハイエンドモデルの「ScanNCut CM650W」である。パソコンはつながっていないが、この製品はタッチパネルだけで使えるので問題ない。簡単な説明書と体験用のケント紙が置いてあった。

  簡単な説明書を一読し、試験的に紙を丸く切ってみる。成功。そこで、おもむろに胸のポケットから持参したUSBメモリを取り出す。インベーダーのSVGファイルを用意してあるのである。いざ、カッティング!

  画像の説明

  自製のSVGファイルは、縦線ばっかり、横線ばっかり、という順で記述してあったので、ヘッドは素直にそのように動き、角の切り込みが浅く、微妙に切り抜かれない結果になった。なるほど、そうなるのね。

  画像の説明

  この傾向は、小ささの限界テスト用に持ち込んだSVGファイルのカッティング結果をみるとよくわかる。SVGファイルに工夫が必要なのはわかったが、小さい方のサイズを切るのは難しいかもしれんなぁ。

  ちなみに、プリセットのフォントで「ROADSTER」とカッティングしたところ、キレイに切り抜くことができた。後ろの2文字は紙の外で失敗したが。

  まずは、体験的な使用として十分な成果が得られたといえよう。SVGファイルの生成アルゴリズムを工夫しなきゃならんな。

  画像の説明

  さて、帰宅して、またもや自作の卓上カレンダを印刷する。今期は「ファンタジーゾーン」「アフターバーナー」「奇々怪々」「アサルト」モチーフである。

  生成されたPDFを置いておく。

  やりこみ度は「ファンタジーゾーン」がゲーセンで4-5周、「アフターバーナー」はX68000版でそれ相当に、「奇々怪々」はゲーセンで山婆まで、「アサルト」はPS版でそれ相当に、という程度。

  ふと思い出して「奇々怪々」のゲームミュージックを聴いてみると、なにげに神がかってる曲だと気づいた。当時の音源で、和の音色と、童歌っぽいメロディーラインのハーモニーが美しすぎる。さすがはOGR氏といったところだなぁ。


2018-04-27(Fri) ゼビウス柄の布

  というか、ゼビウス柄の布は売ってないのか!? この時代、割と安価で特注の一点物を作ってくれる業者くらいありそうだが……というわけで、ちょっと探したら、アッサリといくつも見つかったので「写真ギフト」という業者さんに発注してみた。

  スペックは「布プリント, コットン・ツイル(213gsm), 128x64cm」で送料込みで4,500円。柄は、ネット上からゼビウスのフルマップを探してきて、上下の森を少し延ばし、左右端を少し延ばし、アンドアジェネシスを貼り付けたもの。本当は地上物、特にすべてのソルを追加したかったが、やりだすと時間がかかりすぎるので断念。

  4/19の夕方に発注したら、4/27の夜に届いた。英国から送っているようだが十分に早い。

  画像の説明

  プリントクオリティは十分。ドットのギザギザはギリギリ見えないくらい。布質はライトなズタ袋の製作用途に適したものだ。プリントのせいで少しゴワついている気もするが、気になるほどでもない。残念だったのは色で、全体に暗くなってしまったこと。まぁ、これは面倒だからとサンプルプリントによる色調整を怠った自分のせいなので、次回は明るめにするか、サンプルプリントを頼んで、ちゃんと調整すれば期待通りの結果が得られるはずである。

  というわけで、この布のうち上半分を使ってズタ袋を作る予定である。ちなみに、しっかりと最初のアンドアジェネシスをクリアしているウチのガキが、この布に熱い視線を注いでいるので、半分残った部分を使って彼の製作リクエストに応える予定である。うひひ。


2018-04-21(Sat) ロードスター、カウル・グリル外し

  先日、内気循環の際に通過するダストフィルタに、不織布系のフィルタを追加してみたが、今度は外気の取り入れ口に、不織布系のフィルタを追加するという定番チューニングをやってみた。やっぱり、ほとんどオープンで走っているので、まったく意味がないのだが、まぁ、それは「やってみたかった」ということで。

  画像の説明

  例によって、作業手順について整備書で確認する。外気の取り入れ口の枠は「サイド・カウル・グリル」その上のカバーは「カウル・グリル」という名称だ。細かい部品までちゃんと名前があるのはいいが、名前を聞いてもピンとこない。

  実は以前、カウル・グリルを取り外そうと、ネジを外してみたのだが、防水のゴムが外し方がわからず、アッサリと断念していたのであった。

  整備書には、防水のゴムは「ウェザストリップ」という名称であり、カウル・グリルに「クリップ」で固定されていること、クリップの形状、数、位置までキッチリ書いてある。これなら試行錯誤せず、ジェントルに外すことができる。

  とかいいつつ、整備書には、カウル・グリルの取り外しの前には「ワイパー・アーム」と「ウオッシャ・ホース」を外すよう指示があるのだが、これは守っていない。んが、カウル・グリルの取り付けは割と緩いので、ちょっと角度を工夫すれば、知恵の輪の要領でズラすことができた。今回の目的にはこれで十分。

  外気の取り入れ口が露出したところで、その枠であるサイド・カウル・グリルを外す。左右の「ファスナ」を内装剥がしで外したまではよかったが、うっかりと外気の取り入れ口の周囲である「ダッシュ・アッパ・パネル」の上にファスナを置いてしまい、転がって排水溝の中に入ってしまった……真っ青。

  幸運にも入り込んだのは、上から見える浅い場所だったので、慌てて逆作用ピンセットの先に両面テープをくっつけて救出に成功したが、奥まで入ってしまったら極めて気分の悪い状況になるところであった。

  一安心したところで、不織布系のフィルタを18x12cmに切って、車両側に両面テープで貼り付けた。後は順に、サイド・カウル・グリル、カウル・グリルを元通りにするだけ。作業完了。

  画像の説明

  午後からは、徳山ダムへ。どん詰まりの駐車場で「牙」を装着してみる。シャレのつもりだったが、ちょっと小悪魔っぽくていいかもw。


2018-04-19(Thu) パックマンの巾着完全版完成

  先日からいくつ巾着を作るんだという話もあろうが、今回で一応は完了である。

  画像の説明

  前々回の習作前回のガキ用の弁当袋を踏まえ、ロードスターのキャビンに小物を持ち込む用の小さな巾着の完全版を作るのである。

  今回は左右の縫い目で迷路をつなげることに加え、底面の迷路もつなげてみた。むしろ、柄の側の精度がイマイチで、完璧にはつながらなかったが。

  画像の説明

  サイズは、習作以上、弁当袋未満。上部に設けるフリルは1.5cmと大きめにし、通す紐も太め、黄色い玉状のループエンドも大きめにした。縫い目の精度は更に上がり、満足率95%以上の仕上がりだ。

  うーむ、なんだろうこの素晴らしい充足感は。眺めているだけで楽しくなってしまう。やっぱり、自作のプロダクトはいいねぇ。

  というか、ゼビウス柄の布は売ってないのか!? それでチョイ歩き用のズタ袋を作りたくなってきたぞ……というか、この時代、割と安価で特注の一点物を作ってくれる業者くらいありそうだが。


2018-04-14(Sat) パックマンの巾着完成

  先日の画竜点睛を欠いている部分とは何か? それは、黄色い球状のループエンドなのであった。

  画像の説明

  「黄色い球」は、パワーエサであり、パックマン自身であり、純正筐体のジョイスティックのボールであり、究極的にはナムコの象徴でもあるのだ。

  というわけで、これにて、アーカードをもってしても「パーフェクトだウォルター」と言わしめるであろう、コダわり抜いた、究極の弁当箱用の巾着袋の完成であるッ!


2018-04-11(Wed) パックマンの巾着再び

  先日の習作を踏まえて、思いっきりガチで、ウチのガキのために弁当箱用の巾着袋を縫ってみた。「♪とーさんがー夜なべーをして〜巾着袋縫ってくれた〜」って感じ。

  画像の説明

  今回は完璧に左右の縫い目で迷路をつなげることに成功した。目立って縫い目がずれた部分もなく、満足率90%以上の仕上がりだ。ネルフ謹製弁当箱もピッタリ入るし、今回、新たに上部に設けた1cmのフリルにより、口を開きやすくなっている。

  画像の説明

  ただッ! ただひとつッ! まさに画竜点睛を欠いている部分があるのだッ! 別にデキに問題があるのではなく、そのアイテムが調達できていないだけなのだが……つづくッ!


2018-03-24(Sat) ロードスター内装バラし

  室内で内気循環の際に通過するダストフィルタに、不織布系のフィルタを追加するという定番チューニングがあるので、それをやってみた。ほとんどオープンで走っているので、まったく意味がないのだが、まぁ、それは「やってみたかった」ということで。

  結構ハデに内装を剥がす必要がある。が、こちとらには容量250MBに及ぶ整備書とMTフィールド(?)があるんだからッ! ネジが残っているのに無理に引っ張って破損させたりしないか、意に沿わない方向に引っ張ってクリップを破損させたりしないか、とビクビクすることなく、自信を持って剥がし作業ができるのよーッ!

  画像の説明

  とはいえ、図面で見るのと、やってみるとでは大違い。が、無難に作業を進めることができた。実際の作業の様子はこれとほぼ同じ

  ついでにドライブレコーダの配線をAピラーの中に隠す作業も行った。実際の作業の様子はこれとほぼ同じ。これで助手席でプラプラしていた配線がなくなり、ひとつイライラが減った。よっしゃよっしゃ。


2018-03-20(Tue) パックマンといつまでも

  ふとコンビニでパックマンを発見した。お菓子のプリッツを買って、コードを入力するとパックマンが遊べるらしい。どうせ対象はスマホだろうな、と思ってスルーしていたら、後日、カミさんが別途入手したコードをくれた。なんと、PCのブラウザにも対応しているらしい。早速、LinuxのFirefoxにコードを入力したところ、普通に遊ぶことができた。

  画像の説明

  実は自分はパックマンがかなり好きだ。ある意味、崇拝しているといってもいい。子供の頃に初めて実機を見たときの衝撃は今も忘れていない。「青い迷路がカッコイイ」「むちゃくちゃ楽しそう」という印象だった。特に、塗りつぶされていない、角丸の青い枠だけの迷路は、当時としてはありえないほどに高度な発想に思える。

  また、各モンスタに性格があり、追っかけたり、縄張りに戻ったりする、パックマンがクッキーを食べている時は速度が落ちる、レバーの操作は先行入力が可能、ヒネリの効いたコーヒーブレイクがある、などなど、内容の煮詰め方の程度がハンパない。ゲームデザイナの岩谷氏はゲームを作るために未来から過去にやってきたタイムトラベラではないかと思えるほどだ。

  ……んが、このプリッツ版は浅い……浅すぎる。モンスタの動きにメリハリがないし、いきなり反転するし、高速で移動できるアイテムは使いどころがないし、コーヒーブレイクにもヒネリがない。唯一、P形状の通路部分が袋形状なので、飛び込むタイミングに戦略が必要、という部分は面白かったが……偶然の産物だろうな。

  とりあえず10面クリアして壁紙をもらったけど、こちらもヒネリなし。残念ながら、お菓子のオマケなんだからそこまで期待すんな、ってデキというところですな。

  さて、以前にこちらのサイト経由で、パックマンの迷路柄の布があると知り、即座に1メートルほど注文してあったのだが、それで巾着を作ってみた。久しぶりのミシンなので、習作の意味もあるのだが、やたらと狭いロードスターのキャビンに小物を持ち込む場合、実際、小さな巾着が重宝するのだ。

  画像の説明

  習作とはいえ、作るからにはガチ。こちらのサイトを参考に、真剣に縫い上げる。布の継ぎ目の迷路もできるだけつながるように。

  画像の説明

  残念ながら、紐を両出しにするはずだったのに、片側を縫い閉じてしまったり、紐が出る場所の周囲の縫い位置がズレたり、紐が出る場所の布の合わせがズレたり……って、全部、紐が出る場所のミスじゃねぇか。実用上はまったく問題ないが、ちょっと小さかったかなぁ。近々、もう一度、バージョン2を作ることにしよう。


2018-03-17(Sat) アルミペダルを装着

  実はアルミペダル一式自体は、既に納車前に手元に届いていたのだが、アクセルペダルはドリルで穴を空けて取り付ける都合上、絶対にペダルを取り外してから取り付けるべきだと思っていた。なので、念の為に整備書を入手するまで待っていたのであった。まぁ、作業の結果に納得したいし、取り付け作業も楽しみなので、自ら焦らしてたという側面もあるのだが。

  結果、やはりペダルを取り外して正解であった。位置決めは超シビア。表面の凹凸を跨いで穿孔する必要もあり、車両に取り付けた状態ではミリ以下の精度は出ない。大きくズレれば、裏のリブとも干渉する。オマケにプラスチックの切粉も盛大に出る。車両に取り付けた状態で作業したら事後の掃除が大変だ。

  というわけで、整備書を熟読してから作業に入る。まず「バッテリ (-)ケーブル切離し」とある。たかがアクセルペダルだが、電子スロットルであることもあり、念の為に従うことにする。

  んが、実は「バッテリ (-) ケーブル切離し」にも注意が必要なのであった。「切離した後にドアを開閉すると、ドア連動オープン/クローズが機能せず、ドア・ガラスが破損するおそれがある」のである。そのためには、切離す前に「両側のドアを開ける」とあるが、自分は少しドア・ガラスを下げておいた。ちなみに「i-stop/i-ELOOP付車」は、また別の注意が必要である。イマドキの車は面倒くさい。

  画像の説明

  アクセルペダルの取り外しは割と簡単。フロアマットをめくって、アクセルペダル左側の目隠しx2を手で外し、その下の10mmのナットx2を取り外し、アクセルペダルの部品を引っ張ると付いてくるケーブルのカプラを外すだけ。

  外したら、アルミペダルを取り付ける。基本、現物合わせで、穴の位置を決めるのだが、せっかく自分で装着するのだから、少しでもヒール&トゥ(トゥ&トゥ)をやりやすくするため、5mmくらいは左に寄せたい……と思ったのだが、裏のリブが邪魔するせいで、せいぜい1mmくらい寄せるのが精一杯だった。

  画像の説明 画像の説明

  取り付け精度を高めたかったので、穴空けは最後の最後を除いて、ピンバイスと素手によるドリル回し。上述したが、表面の凹凸を跨いで穿孔する必要があるので、ムチャムズい。

  画像の説明 画像の説明

  穴が空いたらゴムのスリーブを通して、アルミペダルを被せて頭の平らなネジで止める。ネジ穴の大きさには余裕があり、1mmくらい動かせるので、一杯まで左に寄せてネジを締めた。結果、納得できる精度で取り付けられたのでとても気分がいい。

  その後、ブレーキペダルとクラッチペダルもアルミのものを取り付けたが、こちらはゴムを被せる形。んが、ムッチャ固い。渾身の力でペダルを踏んづけて取り付けたが、恐ろしく苦労した。

  なお、宗教上の理由で、アルミのフットレストは取り付けない。なんとなく「3ペダル」というイメージがイイのだ。

  画像の説明

  ちなみに、アルミペダルの取り付け後、ペダルのフィーリングは激変、操作精度が倍以上になった……ということは「まったくなく」何の効果もなかった。完全に雰囲気&ドレスアップアイテムだな、こりゃ。