SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2004-09-24(Fri) 展望台まで登りっぱなす

  さて、昨日ぐっすり寝たので、体力も復活である。部屋の窓から写真を撮ってみる。遠くに見えるのが三宅島である。なお、この宿は「里」と呼ばれる御蔵島の人里のほぼ一番高いところに位置しており、この角度で写真を撮るとそのほぼ半分が納まってしまう。人が住んでいるのは、小さな御蔵島の1%にも満たない場所なのである。港1つ、商店1つ、食堂1つ、郵便局1つ……2つある施設のが少ないくらいだろうな。

  画像の説明

  さて、今日は島の南のほうまでピクニックなのである。御蔵島は小さな島であるが、歩いて行くとなるとそれはそこそこ大変な距離なのである。本当はSVXに敬意を表してスバル岩に行きたかったのだが、特にスバルと関係ないことだし、島の南にある黒崎高尾展望台まで行くことにする。往復で10km超えである。

  久々にTC-1を出してきてリバーサルを使ったので写真がないが(そのうち追加しよう)、実に高さ480mという展望台から眺める景色は……実は曇っていてイマイチであった。しかし、その行程のスゴかったこと。里から展望台までほぼ完全に登り坂である。死ぬかと思った、ホント。

  例に寄って、帰ってきてビール呑んで爆睡。なにしろ、なーんにもない島であるから、特にすることもないのである。