SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2004-09-21(Tue) Lo-D復活

  今日は朝から写真屋さんにコンパクトフラッシュを持っていく。中には例のLo-Dのjpegファイルと、念のためのpsdファイルが入っている。馴染みの写真屋さんなのだがデジタルデータを持っていくのは初めてだ。うまく話が通るとよいのだが……。

  「おひさしぶりです。ちょっと面倒なことお願いしてすみませんが、この中のファイルを360dpiで焼いて欲しいんですよ。そういうことってできますかね? えぇ、サイズはL版で、入るように合わせてあります。なるほど、印刷機は300dpiなんですか。これ、カセットレーベルみたいなもんなんですが。えぇ、幅10.5cmにしたいんですよ。一応、フォトショップ形式のファイルも入ってます。はい、お願いします。」

  つーわけで、結構すんなり話が通った感じ。気がつけば「絹目ってできます?」と聞くのを忘れていたが、まぁいいだろう。うまくできるかドキドキしつつ、仕事が終わって写真屋さんに寄る。ジャジャーン。

  画像の説明

  おぉ、美しいッ!! やっぱり、写真に勝る印刷はないよなぁ。ここ(写真屋)ではサイズをキッチリ確認することはできないが、概ね合ってそうだ。ついでに聞いてみる。

  「すみませんね、どーも、ややこしいこと頼んじゃって。で、コレ、すんなりできました? はぁ、サイズを変更せずに焼くだけだから、そんなに面倒じゃない。そーですか、よかった。実はもーひとつあるんで、次もお願いしていいですかね。すんません、ややこしいこと頼んだのにこんなハシタ金で。」

  とゆーわけで、37円コッキリであったが、家でサイズをあわせてみると概ねOKである。気がつけば「絹目ってできます?」と聞くのを再び忘れていたが、まぁいいだろう。細かいこというと数ミリ大きいし、ジャギーもほんの少し気になるが、まぁカラープリンタにレーザープリンタほどの解像度を求めてはイカんわな。

  さっそく、カッターでさくさく切る。ただし、相手は非常にデリケートな印画紙だ。ちょっとコスればキズがつくし、ちょっと触れれば指紋もつく。写真の入っていた薄いビニールのスリーブを活用しつつ加工する。をぅをぅ、ますます雰囲気出てきたじゃねーか。カセットケースに入れてみる。

  画像の説明

  わっふー。なんだか、切ってメータをハメこんでしまうのがもったいないデキである。懐かしいなぁ。でも、更にデカい穴をくり抜いて、ネジ穴を開けて、元通りに組みつけてしまう。結局、ほとんど隠れてしまったなぁ。まぁ、いいか。自己満足なんだし。なんだか昔、友人のデカい車のプラモデルを作っていて、エンジンルームの中まで作りこんで、結局最後にボンネットを接着していたのを思い出したよ。

  画像の説明

  さて、突然だが明日の夜から旅行に行くのである。ザウルスを持っていくので、更新するかもしれないが、勝負は時の運である。では。