SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2024|01|02|03|04|05|

2005-04-26(Tue) 映画、ノー、カットゥ版

  今日もなんだかフィーリン・ソゥ・バッのまま、なにげにツタヤにDVDを借りにいく。そのうち借りようと思っていた作品は何タイトルかあった気がするのだが、いざツタヤに来てしまうとサッパリ思い出せない。目的の「ソウ」以外は……ナニかあったっけ? という状態。あぁ、そうそう「キャシャーン」も観たかった気がする。でも、もっと観たい作品があったような……まぁ、いいか。

  画像の説明

  まずは「ソウ」。部屋の対角に鎖でつながれた男ふたり、部屋の真ん中に死体……という、強烈に興味をそそるシチュエーションから始まる話。セブンやキューブ、ユージャルサスペクツを面白いと感じたオイラであるから、ものすごい期待をして観はじめた。

  結局、最後まで釘付けになってしまった。これは面白い。面白いが……なんかモノ足りない。最後もなかなか立派なドンデンぶりではあったが、なんだろう……どーにもモノ足りないのである。

  あまりに期待が大きかったのは理由のひとつだろうが、やっぱり最後のドンデンに完全に納得がいかないのが理由なのだと思う。映像的にも展開的にもかなりのインパクトはあったのだが、行動の理由付けが弱い気がするのである。パズルの最後の1ピースがほんの少し小さくて、ガタガタして、気持ち悪い……そんな印象を受けた。観て損した気分はないのだけれど、ちょっと残念。

  画像の説明

  一方で「キャシャーン」。酷評されているコトを知った上で観る。むぅ……途中、少し飛ばして観るなどというフザけたコトをしてしまったが、それくらいダルいんすよ展開が。時系列がゼンゼン把握できないし。映像的には非常に凝っていて、雰囲気には引き込まれるんだけどなぁ。いやホント、この映像センスには脱帽なのよ。別の映画でもう一度みてみたい。でもね、当たり前だけど、意味がわからないと楽しくないんだよ。

  以前もマクロスゼロの感想に書いたけれど、どちらも、キャラクタの抱く葛藤が伝わってこないトコロがダメだと思うんだよね。「ソウ」は犯人の葛藤が理解できなかった。「キャシャーン」は主人公の要求が何なのかかわからなかった。主人公以外はみんなそれなりに思惑があったみたいだけど、それらは見事にリンクしてなかった気がする。

  痛いくらいに強烈な葛藤をキャラクタ全員が持っていて、それを終結に向かうにつれ、激しくブツけ合わせながら昇華させていったエヴァは、やっぱり傑作だった。オイラはあーゆーのが面白いと思うのだ。そーゆー意味では、あと最終巻を残すだけとなった「雪風」が心配だ……というか、4巻までにそういう描写が一切なかった時点で、もうダメか? あれほど原作にはクドクドと書いてあったのになぁ……まさに、グッドラック……。