SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2004-07-06(Tue) 車用ジュークボックスアプリ開発開始

  朝っぱらから職場に向かう途中の金物屋で足りなかったネジを購入し、帰ってからは、引き続きハード工作から離れ、ソフト系の作業を行った。

  昨日はwinampが気に食わないなどと書いたが、結構な著名ツールであるwinampをケナして、オマエにどんなものが作れるんじゃ!! などと怒られそうではあるが、目指す方向が違うのだから仕方がない。というわけで、ジャジャーン。

  画像の説明

  おいらの欲しいのは、こういう感じのヤツなのである。ガツーンとジャケットが出て、上にはアルバム名、アーティスト名。右にはアルバム内の曲名。下には再生中の曲と経過時間である。突貫で作ったので現在のところ外見だけだが、ちゃんとRuby/tkによって出力したウィンドウである。まだ最終形ではないが、ここまでの表示は、現状のカーステやカーナビでは逆立ちしたって無理だろう。PCを搭載するなら、これくらいはやらないとツマらないではないか。うはは。(ちなみに画面に出ているアルバムはサンプルで表示しているだけで深い意味はない。名盤なので聴いて損はないが)。

  ホントはスペアナも表示させたいところではあるが、現在の音レベルを得る方法がわからんのでパス。どうせ、運転中は動きなんか見やしないだろうから、それでいいのである(情報を頂ければやるかも知らんが)。で、その代わりといってはナンだが、ビデオプレーヤを兼用することも視界に入れつつ開発を進めることにした。どうもWindows的にはmp3を再生するのもaviを再生するのも、全く同じ手間っぽいことが判明したのだ。すでに、あちこちのページを見回って資料を探し、ファイル名を与えるとmp3を再生するCUIコマンドも半ば完成している。あとは、Ruby/tkから適宜呼び出すだけである。

  それからよく考えたら、コイツは毎日グダグダと細かい作業内容ばかり書いて、さっぱり全貌が見えない、一体何を作っているんだ、と思われないように、そろそろ完成形のイメージ写真も載せておくことにしよう。

  画像の説明 画像の説明

  見ればわかるが、左の状態がディスプレイを取り外した状態、右の状態がディスプレイを取り付けた状態である。いわゆるインダッシュディスプレイのようであるが、内部に格納できたりはしない。あくまで取り外し可なだけである。しかし、SVXは面の出っ張っているユニットを取り付けるとフタが閉まらなくなるという固有の問題があるし、そもそもインダッシュのディスプレイなど高くて買う気がせんので、これで十分なのである。なにせコレなら4,200円で済むのだ。見た目が悪かろうが映りが悪かろうが知ったこっちゃないのである(ちなみに下にある小説は固定するために置いただけで深い意味はない。名作なので読んで損はないが)。

  いい忘れたが、ジュークボックスアプリは完成したらGPLで公開する予定である。使う人は限られるとは思うが。