SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2008-06-01(Sun) スリーブロックレギューレータ交換

  先日、スバルから届いた「スリーブロックレギュレータ」を交換する。「パワーウィンドウが動かなくなった」というだけで、脊髄反射的にこの部品を注文したが、ハズしてたら無駄金だなぁ。ナムサン。

  具体的な修理方法を公開しているサイトがないか、ババッと検索したところ、SVXを自分で直しに直しまくっているポヨさんのサイトが引っかかった。写真で説明してあるので非常に助かる。概略を頭に入れて、要点をちょっとメモして、ドライバほか何点かの道具を持って、SVXの元に向かう。

  どこで作業をしようか迷ったが、隣の車とソコソコ間隔があったので、駐車場に止めたまま作業をした。基本的にヒンジ近くのネジがドライバでユルめられる分だけドアが開けば作業は可能だ。

  画像の説明 画像の説明

  まずは、そのヒンジの近くのネジを外す。プラ製の内張りを止めているだけのネジなので、そんなに堅く締まっていない。2本外す。

  画像の説明

  次にドアのポケット部分の中のネジを外す。底に張ってあるフェルトで隠されているが、ちょっとズラせるようになっている。ドライバの先でちょっとズラして2本のネジを外す。

  画像の説明

  その並びで、ドアを開けるノブの下にあるネジも外す。こっちはプラスチック製の隠しカバーを外す必要がある。小さめのマイナスドライバが突っ込める隙間があるので、それを手がかりに外し、中にある1本のネジを外す。

  ちなみに、この3本のネジだが、ウチのSVXではネジの頭で挟み込む相手、つまり、ネジ穴の周囲のプラスチックが欠けてしまっており、ネジの頭以上の大きさ穴になっていた。いわゆる「バカ」になっている状態。ネジの意味ねぇー。

  画像の説明

  5本のネジを外したら、ドアの内張りの下側を引っ張って外す。バョン、バョン、バョン、と3カ所くらい。ただし、これは比較的簡単に外れるものの、パワーウィンドウのスイッチほかに接続されているケーブルが2系統あり、このカプラを外さないと内張りを分離できない。

  画像の説明

  ウチではこのカプラがかなり堅くハマっていて苦労した。ひとりでやっていると、大きな内張りを抱えたまま、不自然な体制での作業を強いられるのでなおさらだ。オイラが外れずにモガいていたら、内張りの端をドアのスピーカーに押し当ててしまっていて、スピーカーのリム(周囲のプヨプヨ)の部分を破損してしまった。かなり経年劣化していたから仕方がないが、出る音に大した影響がなくてよかった。気をつけよう。

  画像の説明

  無事、内張りを外すと……ビニールが全面を覆っている。で、患部のスリーブロックレギュレータはその内側。ポヨさんのサイトには「丁寧に剥がす」とあったが、ウチのは接着が強く、剥がそうとしてもビニール自体が伸びてしまいそうだ。ここは、思い切ってカッターでカットする。

  画像の説明

  さて、破損したスリーブロックレギュレータは……ない。下に落っこちたのか? と、思ったらワイヤを噛み込んだまま下の方にいた。パワーウィンドウを動かして、本来の位置に移動する。見ると、足の辺りが欠けている。ワイヤをココに留めておくのがコイツの仕事らしい。

  画像の説明

  破損したスリーブロックレギュレータを引き抜いて、新しいモノに交換、本来の位置にパチンと押し込む。修理完了。パワーウィンドウを動かして、窓が上下することを確かめる。バッチリ。

  画像の説明

  カットしてしまったビニールは適当なテープで補修しておく。しつこいようだがヒョウ柄なのはたまたまで、別に浜崎あゆみのファンだからではない。結構、好きだけど。

  フツーに修理を依頼すれば、ウン千円はかかっただろうが、バクチも当たり、557円で済んで助かった。しかし、最近のガソリンの高さは異常ですな。2, 3 回給油したら、こんな差額はフッ飛んでしまう。

  最近、トヨタが「エコで買い換え」という「エゴイズム丸出し」のCMをして反感を買っているが、あの会社の性根は最初からそんなもんである。以前にやっていた「エコからエゴへ」なんてCMの頃から、相も変わらず、周囲が見えていない。結局、新しい車がバンバン売れればそれでいいのが丸見え。こうまであからさまだと、昨年のF1の「テロ的な運営」も、起こすべくして起こった気までしてくる。

  と、思わず脱線したが、古い車を大事に乗るのもひとつのエコであると思う。そんなにエコエコいうなら、車作るのやめりゃいーのだ。

  まぁ、半分はSVXの自動車税が高い恨み節なのだが、結局は国ぐるみで「エコを商売のネタ」にしているだけなんだろう。つーわけで、オイラは薄っぺらなエコ活動家は大嫌いでなのであった。かぁー、ぺっぺっ。