SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|

2005-05-04(Wed) コーヒー、溶岩、カップラーメン

  はいはい、今日はハワイ島を一周である。サクサクと行こう、サクサクと。9時30分にワイコロアのコンドミニアムを出発。レンタカーで南回りに回る予定である。

  画像の説明

  最初の目的地はUCCのコーヒー工場。たいした建物ではないのだが、コーヒー豆の焙煎を体験できる。コーヒー党としてはゼヒやってみなくては。特に予約もなく行ってしまったのだが、無事体験することができた。

  画像の説明

  こいつが生の豆。コーヒーの果肉(非常に薄いらしい)を取り去って、乾燥した状態だ。これを焙煎マシンに投入する。

  画像の説明

  焙煎マシンは内部が回転しており、中に入れると豆が内部でクルクルと回転するようになっている。10分ほどでパチパチと音がしだす。

  ここから先はお好みの焙煎加減にする。ただしタイミングは非常に微妙だ。10秒程度のズレで次々にローストレベルは上がり、気がつくと真っ黒コゲになる。3,2,1,0で、マシンの奥のハンドルを手前に引き、下のフルイのようなマスにブチあける。

  画像の説明

  ブチあけた後も安心してはいけない。自身の熱でローストレベルがどんどん先に進むため、上向きのファンの上にフルイを載せて、勺でかき混ぜ温度を下げる。数分間かき混ぜれば、めでたくカリッカリの状態のコーヒー豆の完成だ。

  画像の説明

  ちとハズかしいコトに、焙煎体験でローストしたコーヒー豆は、写真付きの妙なラベルを貼った袋に入れて持ち帰ることになっている。しかも、調子に乗ってフルタニアン・プレミアムなどというブランドをデッチ上げてしまった。あーあ。

  ちなみに、焙煎コーチにいろいろ聞いてオモシロかったのは、カフェインレスコーヒーの作り方。なんと、カナダの会社が特許を取っており、煎る前のコーヒー豆を特殊な水に漬け込むコトでカフェインレスになるらしい。また、恐ろしいことに水の成分は企業秘密のため、わざわざカナダまで豆を送る必要があるのだそうだ。くわー。

  コーチは便宜上「特許」という言葉を使っていたが、おそらくそのカナダの会社は特許を取っていないとオイラは推測した。というのも「特許」とは、技術を開示するコトを引き換えに、一定期間独占的に料金を徴収できるシステムである。この会社は敢えて特許を取らず、半永久的に商売をしているのだ。聞いた話ではコカコーラやケンタッキーも製法を極秘にしているのだそうだが、それと同じである。なるほどね。

  挽きたてのコーヒーで車の中をコーヒー工場のようにしつつ、再び車で島を南周りする。次の目的地は、かの有名なキラウエア火山。いまなおシャビシャビ溶岩が流れ出る火山の山頂である。

  画像の説明 画像の説明

  ほとんどが時速55マイルでカッ飛ばせるハイウェイとはいえ、火山まではコーヒー工場からは2時間タップリと要した。非常に変化のない、火山性の黒い地表がつづく道で、オモシロくもないドライブである。火山国立公園に着いた頃には、午後2時になっていたため、ボルケーノビレッジのJP'sカフェというレストランで昼飯。あまりに腹が減っていたので、やめときゃいいのに特大のハンバーガーにスパムをつけてしまう。クドい。クドすぎる。

  画像の説明 画像の説明

  画像の説明

  火口を取り巻くような道がまるごと火山公園であり、湯気の噴出す穴や、クレーターが点在している。面白いのはラバチューブという溶岩トンネルで、溶岩が通った後、鍾乳洞のようになったようなトンネルを通ることができる。100mくらいであったが、この世はホントに摩訶不思議なモノよ。

  画像の説明

  さらに標高3000フィートから、イッキに海面近くまで続く、チェーンオブクレーターズロードを車で下る。そんなにハゲしく下っている道ではないが、3000フィートを30kmで下りるハイスピードダウンヒルである。見渡す限りこの世のモノと思えない、黒々とした溶岩の固まった岩が続く。

  画像の説明 画像の説明

  で、ドンヅマリまでいくと、道が溶岩に呑み込まれている絵が登場するワケだ。コレが見たかったんだよ、コレがッ!! ちなみに、ここから溶岩の上を2時間歩くと、溶岩が海に流れ落ちて盛大に湯気を立てる状況を目撃できるのだが、ちょっと都合で取りやめ。ゼヒ見るべきではあるが、ま、そーゆーコトもある。

  画像の説明

  帰りはガガーンと島を回ってワイコロアに戻る。昼飯があまりに濃かったので、晩飯はカップラーメン。旅行に来ているとは思えない豪勢な食事である。ちなみに走行距離は294.4マイル。500km弱ですな。いやー、走った走った、というコトでおやすみである。