SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2005-06-05(Sun) 首をカシげつつ飛ばないトリィ完成

  先日のACアダプタから直接9Vを供給改造でワタワタし、元に戻して再び動くようになったのはイイが、やっぱりジャンクのアダプタをどーにか利用したい。結局、電波が飛ばなかったのは別の問題だったのだから、もう一度、9Vの直接供給に戻してもいいのだが、なんかソレも縁起がワルくてイヤだ……つーワケで、せっかくアダプタが+9Vに加えて-9Vを出せるコトを利用し、+18Vのアダプタとして利用してしまうことにするのである。

  本来+12Vで十分なトコロに+18Vを流すのだから、一応、発熱も軽く考慮しておくコトにしよう。まずは電流量の測定である。直列にテスターをハサんで計測する……55mA。+5Vのレギュレータと、+9Vのレギュレータのどっちに流れているのかはワカらんが、5V側にはほとんど負荷がないから、全部+9V側と仮定しよう。すると(18V - 9V) x 55mA = 0.495W。んー、3倍の発熱量になるワケね。それくらいなら大丈夫……かな?

  アダプタの結線を修正し、確かに18Vが出るコトを確認。VHFトランスミッタに供給し、レギュレータの発熱の様子をみてみる……ちなみに、こーゆー確認をする時、みんなどーやってるのかな? オイラは指で温度をみてもよくワカらないので、ちょっと唇を当てて確認するコトが多いんだけど……コレってヘン!? 別にICにキッスをしてるワケじゃないんだが……。

  数分間、通電したトコロ、レギュレータのタブ部の温度は、指で触れられるギリギリまで上昇したが、その辺りで安定した感じ。コレなら適当なヒートシンクをつければ、十分に許容範囲であろう。ちゅーワケで……

  画像の説明

  ……お得意の貧乏ヒートシンク作戦の発動である。今回は外部に出さないので見た目にコダわらず、発泡酒の本生をチョイスしてみた。一応、ゴールドであるが……そんなコトはどーでもイイ。とりあえずハサミでジョキジョキ。適当に折り畳んで、取り付け用の穴を2個並べて空ける。

  次はアンテナをどーにかする。リード線がヒョロリというのはイカにもタコにもカッコ悪いので、シールド線を使って、基板とPHSのアンテナ基部を接続、アンテナがカッコよく外部に出るようにする。うぉッ!! 思いのほかカッチョエエじゃんッ!!

  ハードの工作はココまで、次はPIC上のファームの開発に移る。まー、別にPICなんか載せる必要はないといえばないんだけど、どーしてもトリィの目を1/fゆらぎで点滅させたりしたいので、シコシコと作るのである……よっしゃ、完成。既存のルーチンは宝だなぁ。適当に組み合わせるだけでアッという間に完成だ。ワシは満足じゃ!!

  仕上げにトリィのシールを貼る。ちょうど赤いLEDの位置に目の中心が来るように慎重に貼る。ちなみに目の一部には針でポツンと小さな穴を空けてあるので、シール越しにフワッと光りつつも、中心からLED本来の鋭い光も射すようになっている。うむ!! キレイに決まったぜッ!!

  画像の説明

  なんでトリィのシールを貼るのかって、動作状態を示すLEDを外部に取り付ける際、今回は高価な座金付きのLEDを使わなかったので、そのままだとドリルのバリが目立って見た目が悪いというコト。また、このマシンは電波を飛ばすから「飛ぶ=トリィ」なのである……いーの、そー決めたのッ!! 残念ながらこのトリィは箱型なので首をカシげたりするポーズを取らせるコトはできないが、コイツを完成するまでにフルラン・ザラ(←オレ)が首をカシげた回数は計り知れないので、ソレでもう十分なのである。

  画像の説明 画像の説明

  トリィの内部と、背面からのショットである。なかなかキレイに仕上がったと思う。オモリが入っているとはいえ、持つとほどよいズッシリ感がある。オイラの今までの作品の中では最大寸法、最大重量、最高周波数回路である。

  あーそーだ、ちょっとハズかしいが、最後に今回取り付けたアンテナについて言及しておく。いろいろ電波の勉強をして、発信周波数とアンテナの長さとの関係とかもワカったんだが、結果としてこのアンテナはまったくの見掛け倒しになってしまった。コレだけではまったく電波が飛ばないのである。アンテナの金属部にクリップでリード線をハサんで伸ばせば、今まで通りの強さで電波を発信するようではあるが……。

  ちゅーワケで、現在のアンテナは、アンテナでなく「アンテナ端子」であるといえよう。ポックン。