SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2006-05-20(Sat) また? 弦を交換……

  先日、注文した「楽勝!コード・チェンジの秘訣」というDVD付きのギターの教本が届いた。ノーテンキな感じの表紙が気に食わないが、なにしろ左手の指使いが勉強できるというもの。ホントはギタースクールかなんかに行ったほうが早いのかもしれないが、そんな時間も金もないし、独学のほうが気楽でいい。ギタースクールに行くという刺激を、行き詰まって放り投げる直前の段階まで取っておくというのも悪くない。

  画像の説明

  思い返せば、6年半前、友人がキャッチした「ギターの新発売イベントで村下孝蔵がミニコンサートをやるらしい」というニュースから始まった。当時、ヤマハがコンパスというエレアコを新発売するに当たり、村下孝蔵監修を謳って売り出したのだ。イベントは、ほんの小さなスタジオで行われたが、あの村下孝蔵が目の前で、そのコンパスを弾きながら彼の曲を歌うのを聞いて、感激したっけ。

  で、その後、その友人と自分でも弾き語りできたらなぁ、なんて話になって、一緒に始めることになった。オイラは素直にコンパスの一番安い7万のモデルを購入したが、友人はラッキーにもゴミ捨て場から適当なギターを拾ってきていたような気がする。しばらくしてから、なにはともあれコードを勉強して、音をビビらせつつ、ツッカエながらも歌える状態にしていたオイラに対し、友人はマジメに前奏の練習から入っていた……アプローチにエラい差があるなぁて笑ったっけ。

  これまたその頃だ、キンキキッズがギターをやり始めたのも。アイツらは既にすっかりと弾きこなしているようだが、始めたのはオイラ達と同じ頃……だけど、アイツらの先生は吉田拓郎だぜ!? ……友人と一緒に、ズルいよな、アイツらッ!! ……って話したっけ。

  それはともかく、今日は休日。久々に、サイレントでない普通のエレアコ、そのコンパスを弾いてみようかな。引っ張り出してきて、まずはチューニング……

  「バンッ!!」

  ……わッ!! 1弦が切れたッ!! そーなんだよね、1弦ってチューニングの時によく切れるんだ。どーしよ。弦のストックはあるけど……今のメインはサイレントギターだしなぁ……でも、せっかく引っ張り出してきたんだし、弦を張らないでしまっておくのは気持ち悪いし……いーや、1弦だけ張り直そう。

  ペグを抜いて、切れた弦を外し、1本だけ予備に買ってある1弦を取り出す。一端をペグに挟んで、もう一端をリールに巻く……巻く方向に気をつけて。ありゃりゃ、1本だけ新品だと、他の5本がサビサビなのが目立つなぁ……まぁいいや。

  改めてチューニングを済ませて、弾く。やっぱりソコソコの音を出したほうが、弾いていて楽しい。それに、いま張ってあるこの弦。何を張ってあったのか忘れてしまったが、結構ヤワらかくて今のサイレントギターの弦よりも押さえやすい気もする。

  画像の説明

  深夜に弾くためにやむを得ず購入したサイレントギターだが、このエレアコとの2本体制は意外といいな。休日はこっちを弾くことにしよう。こんなコトなら、1弦だけでなく、全部の弦を交換すればよかったかな。来週は改めてこのギターを磨きこんで、残りの弦も交換してやろう。