SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2005-07-09(Sat) 大須で会おうっす

  さて、やっぱりというかなんというか、名古屋に帰ってきたからには大須に行くしかないのである。学生時代の旧友と遊ぶ約束をしたら、イキナリ大須を会う場所に指定された。偶然というか、必然というか……たぶん、必然なのだろうな。ともかく、10時頃に集合という約束である。

  画像の説明

  10時ほんの少し前に大須に到着。なんだか、雰囲気が変わっている。妙に高いビルが建っていたりする。ま、オイラには関係なさそうなビルだ。とりあえず、九龍城砦の中に突入である。

  画像の説明

  で、イキナリゲーセンかよッ!! というツッコミを覚悟しつつ、稼動開始からエラく時間が過ぎてしまった「湾岸ナイトミッド2(検索にヒットしすぎるので、あえてひっくり返す)」を発見である。珍しくSVXが登場するというこのゲーム、やってみたかったんだよねぇ。個人的にはマンガは「湾岸ナイトミッド」より「文字頭D」の方が好みなのだが、SVXが登場するなら捨てておけないのである。

  画像の説明 画像の説明

  このゲームは磁気カードシステムの利用により、プレイ毎に、車を少しずつチューンし、育てていくコトができるというトコロが、また、愛車ゴコロをくすぐるのである。カードを購入して、当然のようにSVXを選択。カラーリングは……ルーフの黒いライトシルバーがない。当然か。ま、いーや。比較的近いシルバー系を選択、名前は……5文字しか入れられないやんけ!! フルタニアって、なんだよぉ。尻切れトンボこの上ない。しゃあねぇなぁ。

  さぁ!! 走るぜ!! ……お、重い……動きが重い。リアルといえばリアルなのか? ガードレールをコスっても、たいして速度が落ちるワケでもなく、パチンコ玉のように滑っていく。これはSVXだからなのか? このゲームの他の車を試していないのでなんともいえないが、クルマの挙動はかなり重い感じだ。

  画像の説明

  2回やって、2回とも勝った。がっはっは。勝つとチューンアップできるらしい。両方ともパワーをチューンしておいた。ボルトオンターボとマフラー交換。現実なら、そんなコト絶対にしないが。SVXにターボなんてアホすぎ。

  ゲームが終わったあたりで、友人から電話。二人の旧い友人と合流。おぉー、ひさしぶ……え? なに!? いきなりメイド喫茶でダベろうってぇ!? えーッ!! オイラ、それはちょっと……ま、マジでぇ?……あぁ、よかった。満席だよ。しかし、朝から満席っていうのも、いったいなんなんだ!? ……っていうか、満席はイイけどさ、入り口で深々と頭を下げるメイドさん、満席は別にイイんだよ……しかしだ、悪い、ゴメン、キミに罪はない、奥のほうにいたもうひとりのメイドさん、キミも同様に決して罪はない、人間は持って生まれたモノを大事にするべきだ。それはそれでいいんだよ。悪いのは、採用担当。オマエは死刑。次に生まれ変わっても、もう一度、死刑。絶対に死刑ッ!! 死刑ッ!! 死刑ッ!! 死刑ーッ!!

  結局、朝の10時から20時過ぎまで適当に店を回りつつも、ほとんどの時間を喫茶店と呑み屋でダベって過ごした。んが、まったくもってココに書けるようなマトモな話題は皆無。オマエら、アブなすぎ(オレもだが)。

  画像の説明 画像の説明

  さて、今日の収穫は、大須の第一アメ横ビル2階、ジャンク屋のボントンで買った、ファンとリード線。職場で使っていたミニ扇風機を家に忘れたので、即興でUSB扇風機でも組もうかと思ってのモノだ。もちろん1/f機能は付ける予定。

  画像の説明

  それから、デザートタイプのカモフラージュ柄のズタ袋を、軍放出品を扱う店で購入。これは、モノホンの放出品ではないが、かなり容積あるし、なんでも放り込めるし、肩に掛けられるし、ラクでイイ。まさに先日から100%コレそのものなアイテムが欲しかったのよね。最高!!

  ちゅーワケで、大須もなかなかにストロングタイプなのであった。そのうちオイラのホームグラウンドになる大須さん、ふつつかモノですが、ひとつよろしく、である。