SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2004-08-29(Sun) シリアルポート切り替え機+α「EX232CP」製作開始

  さて、今日は昨日の「シリアルポート差し替え面倒クサい問題」に対する、対処方法を考えてみた。

  まず、最低限必要と思われる機能は、スイッチによるシリアルポート切り替え機能である。PCの背面に作成予定の自作アイテム「EX232CP」をシリアルケーブルで接続、その右側に秋月のライタ、左側にテスト基板を接続、スイッチひとつで「プログラム書き込み」と「テスト基板動作確認」ができるようにするのである。

  ただ、それだけでは面白くないので、電源供給機能もつけてしまおう。現在、私の愛用のPCであるメビウスノートは純正のACアダプタが壊れ、富士通のLOOXのアダプタをプラグだけ変換して、そのままつなげている(0.8Vほど足りないのだが動作に問題はない)。このアダプタは16V出力なので、これを秋月のライタにも供給してやり、コンセントの数を稼いでしまうのである。カタチ的には、アダプタのプラグを「EX232CP」に接続、そこから「メビウスノート」と「秋月のライタ」に電力を供給するのである。

  さらに、シリアルポートの信号チェックLEDもつけてしまおう。TxD、RxDに通信が発生するたびに、LEDを光らせるのである。おまけにCTSへ電気がきているかどうかのチェックLEDもつけよう。

  最後に、テスト基板へのCTS経由の電力供給を、PCのシリアルポートからだけでなく、アダプタから直接供給できるようにもしてしまおう。PCのシリアルポートからの電力はあまりハデに使うことができない(規格によると500mAとあるが、実際はLEDを数個がギリギリである)ので、これによりテスト基板の電源も不要にしてしまうのである。これは、本来のCTSと直接供給との切り替えができるようにする必要があると思われるが、開発対象によって開発中に頻繁に切り替えるものではないので、ピンヘッダによる切り替えとしよう。なお、16Vを直接ぶっこむのはマズい(昨日書いたように仕様では上限が15V)ような気もするので、そのうち3端子レギュレータで減圧できるようにするため基板にスペースを空けておけばいいだろう。

  概ね仕様が決まったら、部品集め&ケース加工である。

  画像の説明

  ざっと、手持ちの部品を物色して、上記の写真の部品を集めた。回路設計はまだしてないので、電子部品はまだである。上左から、9PINのガワ、LOOXメビウス変換プラグ(利用中)、加工済みケース、ケースの残り、秋月のライタ用のアダプタプラグ、切り替えスイッチ、加工済みのユニバーサル基板、ネジ一式、9PINのメス、オス、ガワ付きのオス(再利用)、である。

  ケースは100円ショップで4個100円のものである。秋月の基板を削らないと入らないのがアレだが、サイズがちょうどよく、半透明なのでLEDを外部に出す必要もなく、柔らかい材質で加工しやすく、なんといっても1個25円と安い。おまけに、開けやすさバツグン、しっかり保存、汚れを落としやすい角丸型で、電子レンジ加熱、冷凍保存OK(と書いてある)のニクいヤツである。

  次は回路設計。例によってBSchという回路図ソフトをハゲしく勘違いした使い方をして、実体配線図を設計する。ちょっとLEDあたりがキツかったが、まぁ、なんとか納まった。シリアルポートの信号線は、通常Highなので、信号が発生するLowの時に光るように、NPNの2SC1815でなく、PNPの2SA1085を初めて使ってみた。減圧用の3端子レギュレータは中央下付近に配置できるかな。

  画像の説明

  つーわけで、今日は作業終了。明日製作に入る予定である。

  夕方から、カミさんとカミさんのお兄さんのいる松戸に食事に行く。もちろんSVXで向かったのだが、例によってエアコンがヒートアップ。行きはエアコン切って行ったが、帰りはエアコンつけて、ダウンボタン押しっぱなし。SVX乗りなら誰もが経験するという「ダウンボタン押しっぱなし運転」を実践してしまう。つーか、左手がパンパンになるって。トホホ、早く治さなきゃ。