SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|

2004-08-20(Fri) 筆者多忙のため

  日記はお休みである。今晩はカミさんと居酒屋に行って酔っ払ってしまったし、明日は早朝から友人と釣りに行く予定なので、早寝せんとイカんのだ。とはいえ、一応、WindowsでCPU使用率を知るプログラムは完成の目処がついているし、PIC16F648AのマニュアルのUSARTの章の翻訳も進んでいる。が、どっちも、まだ公開できるほどではないのである。

  というわけで、今日はCOLDHEATのケースの内側に書いてあった注意書きを即席で翻訳してお茶を濁してしまうのであった。では、どーぞ。

  本機のコテ先は破損しやすいので、強く押し付けないでください。

本機の赤色LEDは、コテ先とハンダ付け箇所が接触し、熱を発しているかどうかを表します。

赤色LEDが点灯しない場合、コテ先の双端が通電性のハンダ付け箇所に接触するように、コテ先の位置を工夫してください。

コテ先を強く押し付けると、問題は解決しないばかりか、コテ先を破損してしまう恐れがあります。

本機は比較的軽いハンダ付け作業を行うよう意図されています。

0.8mm〜1.0mmの糸ハンダを利用することをお勧めします。

本機を利用する前に添付の操作マニュアルを読んでください。

  早くアナログメータを作るという実戦に投入したいのだが、まだ回路が組めていないのだ。というのも、単にアナログメータだけなら簡単なのだが、温度計やLCDパネルも合わせて装備したいし、それをうまくケースにパッケージングするとなると、相当入念に回路をデザインしないといかんので時間がかかるのだ。

  あー、コンビニの脇でダルそーにたむろっている若者。人生を儚んで駅のホームでいつ飛び込もうかと考えているおっさん。その無駄な時間をおいらに分けてくれるわけにはいかねーかなぁ。