SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|

2013-04-01(Mon) ゼツボー的にハマり中

  先日、筐体まで自作してしまったジャイロゼッターだが、親子でゼツボー的に絶賛ハマリ中である。

  近所のゲームセンターで「公式大会」が開かれると知ってから、珍しくガキが超ノリ気なので、大人の大人げなさをムキ出しに、手持ちの少ないカードからデッキを組みまくり、作戦を練りまくりで、前日には練習しに行ってしまうのであった。いやなに、遊びだからこそ、真剣に取り組まねばならない、という教育方針だからして。

  しかしながら、大会当日は「参加権利をかけたくじ引き」という名の関門に、まさかの予選落ち。勝負にすら参加できなかった。が、まぁ、それも人生である。

  で、今日はスタンプラリーに参加して、カードケースとIDカードをゲットしてきたらしい。ケチって買わなかった甲斐があったというものだ。

  画像の説明

  しかし、このゲーム、知れば知るほどに、よくできている。ドライブモードは、真剣に取り組むほどにシビアだし、バトルモードの駆け引きも奥が深く、だからといって難しすぎることもない。なんといっても、100円でかなりタップリと遊ばせてくれて、カードまで付いてくるのだから、損をした気にならない。

  最近は、追加のダウンロードコンテンツやコンプガチャなど「客からムシり取る」というのがミエミエのゲームが多いが、さすがにそういうゲームには親として子供に近づいてほしくない。そういう意味で、ジャイロゼッターは、良心的で、渾身の力で作られていて、極めて気持ちよく囲い込んでくれる希有なゲームである。

  所詮「遊び」なのだから、なんか「いいようにやられてる」なんて意識させられたら、それで冷めちゃうんだよな。かの有名な高橋名人の「ゲームは一日一時間」という名言も、当時、ハドソン社内では賛否両論があったらしいが、子供を持つ親のセンスにはマッチし、敷居を下げる効果は大きかっただろう。

  こういうゲームはどんどん売れて、荒れつつある市場を美しく塗り替えてもらいたいもんだ。