SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2012-07-20(Fri) ふたたび映画を見る

  先日に引き続き、ベルセルクを観てきた。

 

  黄金時代篇Iを観たのだから、そのうち観るつもりだったのだが、気づけば上映は今日で終わり。滑り込むように観てきた。前回は割と入っていたが、今回はガラガラ。ホント、人気があるのかないのかよくわからんな。

  前回の方が印象に残ったシーンは多かったような気もするが、順当によかった。これは、大画面で観る価値があるといえる。しかし、やっぱり、動きが素晴らしくダイナミックなだけに、24FPSなのが物足りなく感じてならない。一般的な4倍速回路とか噛ませてみたらどうなんだろうかな。ところで、グリフィスが捕らわれて以降って、「蝕」までに、なんか特別なイベントってあったっけ? なんだかIIIの内容が心配だ。

  それはそうと、なんで映画館ってさ、金を払って、席に座って、上映予定時刻に「上映開始」と宣言されてから……

  「堂々と広告を流しやがる」

  ……んだろうねぇ。おかしいだろーが、その慣習は。広告を流すなとはいわんが、流すんなら、上映予定時刻の「前まで」にしろよ、ったく。イラつくんじゃ、ボケ。

  「改めてまどか☆マギカが観たくなっちまったじゃねーか」

  しかし、一週間ずらして前後編を上映っていうスケジュールに見えるんだが、どういうことなんだろう。二週間のみ上映なのか? やるなら一度にやって欲しいんだが。つーか、TV版で十分に完璧すぎて、あれ以上、何を引いても、何を足しても、不満に思えるような。でも、新作カットなしなら、観に行く必要を感じないしな。つーか、前後編の後の完全新作って、いったい何をやるつもりなんだ……まさか、ほむらでエンドレスエイトをやるんじゃねーだろーな。

  話は変わるが、先日、実写版「あしたのジョー」を借りた。なんだか、DVDがリッピング対策をしてあるらしく、チャプターがシャッフルされたような状況で観た。そんなに、ピーコされるのがイヤですかね。まぁ、もうすぐリッピングも正式に違法になるらしいんで、どうでもいいんですけどね。

  ちなみに内容は、一般的な評価のとおり、力石と丹下のおっちゃんが、漫画から出てきたようにリアルで、それを観た価値はあった。が、ホントにそれだけでした。

  ついでにもうひとつ。ずっと忘れていたが、放送中は一応リアルタイムに観ていた「ガンダムOO」の映画版を借りた。テレビ版は、ひととおりは飽きずに全話を観たが、その程度。で、映画版は「未知の宇宙生物との対話」がテーマということは、なんとなく聞いていたが。

  「未知の宇宙生物との対話」っていう点で、エラく期待した。というのも、普通に表現すれば、エラく月並みな内容で終わってしまうハズなので、間違いなくそれだけは裏切ってくるだろうと。でも、どうやって裏切ってくるのか、まったく想像もつかない。だから、期待した。で、観た。結果、1ミリも裏切ってこなかった。クソが付くほど月並みな内容。母星を失ったってテレパシーで会話。見事なでに新規性ゼロ。大人向けらしいが、ガンダムがウジャウジャにバンバン撃ってるだけで、戦闘シーンの駆け引きすらなく、まったく観るべきものがない。観て損した。バカにすんなボケ。

  話は戻るが、今回のベルセルクのラスト近く、ガッツが鷹の団をやめて出て行く時に背負っていたのは、やっぱり「ズタ袋」でした。孤高のヒーローは絶対にズタ袋なんだよな。つーか、この映画を観た今日も自作のズタ袋を持ってたんで、なんか映画の帰りに「おいおい、ガッツ気取りがおるぞ」と思われそうで、ちょっと気恥ずかしかった。

  といいつつ、ちゃっかりオークションに出ているズタ袋を宣伝しておく。大方は売れて、残りわずかですんで。