SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2008-03-13(Thu) 抵抗を選別! 選別ゥ!

  インスツルメンテーションアンプ回路の構築のため、ペアで使う抵抗を選別する。以前にラダー型DACを作ろうと思って購入した、1kΩと2kΩの金属皮膜抵抗をメインに、470Ωのカーボン抵抗と、入力電圧の分圧に使う1MΩのカーボン抵抗が対象。

  こーゆーのは、たぶん多分に気分的な問題なのだが、だからこそ趣味でやるからにはコナしておきたい。地道にデジタルテスタで、同じ抵抗値を示す抵抗を探す。

  インスツルメンテーションアンプに使う抵抗は、DACを作るのと違いペアであればいいので、数十本単位で同じ抵抗値を示す個体がなくてもいいのだが、分圧に使うのは4本同じ方が望ましい。しかし、1MΩの抵抗を計測すると、デジタルテスタの値が安定しない。1kのケタが、±4k程度、周期的にフラフラと変化するばかりか、しばらくの間、増加傾向を示す。あぁ、うっとおしいッ!!

  画像の説明

  80本近く、ちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちま……と計測し、どうにか予備を含め5本3セットを選別した。ついでに、使うパーツをピックアップしてまとめておく。今日はこれにて終了。