SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2007-06-06(Wed) ゲイツ認証ならぬSVX認証

  故あって、非常に簡易的な認証システムを必要としている。で、今の状況にピッタリなのが、いわゆる「ゲイツ認証」なのであった。

  しかしながら、ちょっと探した限りでは、tDiaryにはオフィシャルなゲイツ認証プラグインは存在しないらしい。ほんじゃ、ひとつ自作するのである。

  完成イメージは以下のような感じ。SVXの画像をすべてチェックして認証ボタンを押し、正しくチェックされていれば認証が完了し、tDiaryのコンテンツにアクセスできるようになる。一度認証したら、以後クッキーの続く限り、ページへのアクセスは自由だ。

  画像の説明

  ゲイツ認証のすばらしいトコロは、説明が最小限で済み、人間相手には一目瞭然な反面、サーチエンジン等からのアクセスを限りなく困難にできること。また、認証イメージをコンテンツのテーマに合わせることで、ちょっと「楽しんで」認証をしてもらえるトコロだ。

  ちゅーわけで開発開始である。