SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|

2022-09-12(Mon) 結局、効果音生成ツールを改良する

  一応、効果音生成ツールは一応の完成を見たのだが、やりだすと、そう簡単には止まらないのである。

  ゲームの効果音にノイズは欠かせない。そのため、ホワイトノイズ、ブラウンノイズ、ピンクノイズ、パープルノイズが使えるようになっているが、それだけでは足りなすぎるのである。バリエーションが欲しい。

  で、ノイズに音程があるかというと、微妙である。ノイズを音程に分解すると、その分布によって上記の「色」が決まるのだが、それなりに広く分布しているので、ノイズには音程がないと言える。

  んが、一方で、3,8,5というノイズを、3,3,8,8,5,5と加工すれば、低音側に遷移することに疑いはないのである。まぁ、厳密な定義はともかく、指定の方法はトーンに合わせて、440.0を標準とし、詰めたり、間引いたりすることで、ノイズに音程変化が起こせるようにしてみた。

  なんだかんだコードを書いているうち、不具合があることに気付き、割と大きな追加/修正になってしまったが、表現力が大きく上がった気がする。

 @length = 1.0
 
 mod1 = it = {}
 it[:device] = 'generate'
 it[:length] = @length
 it[:type] = 'square'
 it[:freq] = [8]
 it[:amp] = <<AMP
 #--------------25--------------50--------------75-------------100
 ................................................................/
 AMP
 
 noise1 = it = {}
 it[:device] = 'fm'
 it[:length] = @length
 it[:type] = 'pink_noise'
 it[:freq] = [20]
 it[:amp] = <<AMP
 #--------------25--------------50--------------75-------------100
 ................................................/
 ................................................................/
 /
 AMP
 it[:index] = 1.5
 
 @connection = [ mod1, noise1 ]

  こんな記述で、ロケット噴射音っぽいの<聴いてみる>を作ることができた。これは使えるな、そろそろシューティングの製作に戻ろう。