SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2017-06-22(Thu) ようやくS+昇格

  本格的にスプラトゥーンを初めて、1年半弱。ようやくウデマエS+に到達した。ウデマエSになったのが昨年の5月。1年以上もかかった。

  画像の説明

  得物はほぼ一貫してハイドラントカスタム。当初はヒト速特化型から、途中、攻撃力、インク回復、ヒト速バランス型に変更した。

  ずっと、毎晩2時間くらいプレイしていたのだが、ここ1ヶ月くらい、ちょっとテンションが下がってきて、ややあきらめかけていたところなので、昇格できたのが不思議なくらいだった。

  画像の説明

  今晩のステージは、ショッツルとモンガラのエリア。ショッツルはかなり得意なステージ。S78からスタートして、5k3d勝で82、4k2d勝で86、10k5d負で80ときた。味方全員ひどいキルレで、10k5dなのに負けかよ、と、初めて食らった-6を苦く受け止め……このパターンは、ヘボ味方を押し付けられる流れかも……と思ってヤメようかと思いつつも、もう少し続けたところ、9k3d勝で84、4k4d勝で88ときた。おぉ?

  3連勝したら昇格だが、そうそうウマくいくわけがないしな、と引き気味の気持ちで、9k4d勝で92、3k3d勝で96ときた。え? マジ? しかし、昇格戦には鬼が潜むというし……えぇい、やってまえ!!

  今晩はモンガラは1度だけで、昇格戦もショッツル。あ、あれ? 味方ムチャ強い。後ろから牽制するくらいしか、仕事がない……これ、何もしなくてもイケるのでは? ……時間を余らせてノックアウト……あ、上がってしまった……1k1d勝で……こんなにあっけなく?

  画像の説明

  今晩は終了。総プレイ時間は800時間弱。といっても、3回くらいサブアカ作って少し遊んでいたこともあり、実質的には800時間は超えているかも。800時間か。間違いなく、これまでのゲームの中でダントツのプレイ時間だが、この時間は、有意義だったのか、無駄だったのか?

  まぁ、有意義ではないだろうが、いろいろな「気付き」が得られたことに違いはない。

  まず、自分が決して上手いプレイヤではないということ。マルチプレイヤのゲームは、ひとりで遊ぶゲームとは違い、容易に酔わせてくれない。ネットを見ていると、S+昇格に800時間もかかっている人は、あまり見ない。歳を取って、反射神経が落ちているのも多分にあるだろうけど。

  確率は偏るのが普通ということ。意図的な要素がゼロではないだろうが、苦手なステージばかり続いたり、ヘボ味方ばかり続いたり、チャージャーばかり集まったり。んが、考えれば、8人でマッチングしているのだから、自分だけマークされているワケもなく、偶然の要素が強いのだろうと思う。そして、これは、実際の人生にも起きうると気付けたことは、有意義だった。

  4人の場合、1人がヘボだと、ほぼ勝てない。5000試合以上していて、4対3で勝ったことは、数回しかなかった。これも、実際の人生にも起きうることで、1人のヘボをフォローするには、3人ではぜんぜん足りないということだ。これも有意義な気付きといえよう。

  そして、似たような作業でも、ひたすら繰り返せば、徐々にでも腕前は上がっていくということ。明らかなことは言えないし、その自覚もないが、間違いなく、今回の結果はそれを示しているのだと思える。これもかなり有意義な気付きといえよう。

  さて、800時間もかけて得た気付きとしては、有意義だったとは言えないかもしれないが、他に何をして得られる気付きということを事前に知ることもできないわけなので、それでなんとなく納得しておこう。

  スプラトゥーン2発売まで1ヶ月を切っての昇格で、喜ばしくもあるが、S+の道のりはまだ続いている。しかし、何となく、甲子園出場を果たして、夢を叶えてしまった球児のような気分になってしまったのも確かだ。

  うーむ、感慨深い……。