SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|

2012-01-23(Mon) コーヒーカップにもこだわってみる

  先日からコーヒーに凝っているのだが、自宅にて、普通に白いコーヒーカップでコーヒーを飲んだ時、自分の中で、コーヒーカップの「白」が重要な要素であることに気づいてしまった。

  私は、金属のマグカップのメタル感が大好きなのだが、それはコーヒーを飲むのに、まったく向いていない気がする。某コーヒー店では、青い焼き物で出てきたりするが、それもダメ。やっぱり「白」でなくては。

  しかし、後半まで暖かく飲むために、二重構造は必須である。「白」で「二重構造」。そんな条件を付けるとなると、材質はホーローか? しかし、そんなプロダクトはどこにも見つからない。無理か。通常の白いマグカップならいくらでもあるのだが。

  と、思っていたら、あった。これは条件に合致する、ほぼ、唯一のプロダクトではないか。ボダムのキャンティーンのダブルウォールマグというヤツ。陶器というか、磁器で二重構造。

  画像の説明

  サイズが0.1, 0.2, 0.35とあるが、相手がコーヒーなら0.2だろうな。別に1個でいいのだが、2個セットで売っている。仕方ない。高いが2個買うか。色はもちろん「赤」。

  届いた。早速、使ってみる。意外に大きく、ずっしりだ。オフィスで転ぶ心配がなくていい。しかし、0.2でこれだと、0.35はジョッキ並みだろうな。ちなみに、0.2に200ccを入れるとスリキリ状態。1x1のペーパーでコーヒーを淹れる前提なら、150cc前後なので、0.2がジャストフィット。肝心の「白」が、ちょっと「寒色系」なのが残念だが、保温性能はソコソコある。シンプルながらやや派手目のデザインで、個人的には、もう少し落ち着いた感じが好きなのだが、総合的にはかなり満足。というか、結局は「」をもう2個、追加注文してしまった。

  末永く愛用することにしよう。