SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|


2011-08-06(Sat) 鈴鹿マイカーラン


2011-08-07(Sun) 続々、スピーカ、作る

  先日、自作のスピーカユニットキット「FOSTEX P800」を100円のタッパー容器に装着した。もしかしたら、オーディオマニア真っ青の仕打ちといえるのかもしれないが、自分の耳で「キチンと違いを実感していく」という意味では、なかなか遊びがいのある状況であるといえる。

  スピーカユニット単体では、スピーカの裏側から回り込む逆位相の波形によって低音がスカスカになるが、エンクロージャに付けることによってそれなりにマトモになること。タッパーのフタをキッチリと閉めてしまうと密閉型スピーカとなるが、どうもコモったような抜けの悪い印象の音になること。フタを少しめくると、その印象が払拭されること。すべて、その違いを自分の耳で実感することができた。スピーカユニットまで自作したのだから、トコトンまで「実感」していきたい。

  で、しばらくは、そのまま後方簡易バスレフ型(?)で運用していたのだが、この度、めでたくラップを使い終わり「ラップの芯」という名のバスレフダクトが入手できたので、早速、エンクロージャの前方に穴を空け、バスレフ型での試験運用を開始するのである。

  画像の説明 画像の説明

  しかし、丸い穴を空けるのには苦労した。ドリル、リーマ、ハンドニブラ、カッター、サンドペーパというステップを順に踏んだのだが、サンドペーパをグリグリやるのに手首を駆使しすぎ、翌日に大変なことになった。その甲斐あって、バスレフダクトを差し込むだけでシッカリ固定できる、ジャストサイズの穴を空けることができたけども。

  さて、試聴してみる。うーむ、一段と、低音の響きが自然になった気がする。穴に指をツッコむと、ちゃんと低音の振動を感じることができる。おもしろい。

  現状、バスレフダクトの長さは長めにしてあるが、近いうちに適当な長さを算出の後、実際に試聴しながら仕上げたいと思う。その後は、吸音材の有無による違いも「実感」する予定である。わくわく。


2011-08-09(Tue) まとめてWin作業

  先日、どうにか自製のPICプログラマrakipicを16F688に対応させることには成功したが、ちょっと追認したいことがあって、Windowsを立ち上げる必要が生じた。最近、滅多なことではWindowsを立ち上げないので、ついでに、追加購入したXBeeのセッティングも済ませておくことにする。

  実は、このループバックテストの成功の後、XBeeのマスタ側だけが、どうにも動作しなくなり、ファームウェアの更新をしようにもニッチもサッチもいかなくなってしまっていた。PCとのインタフェイスはそのままに、マスタ役をエンドデバイス役に挿し替えるだけで、エンドデバイス役はちゃんとX-CTUに応答するのに、マスタ側に戻すとウンともスンともいわないのだ。

  いや、厳密には「電源を入れると、13番のSTATE LEDが、速めに点滅する」し「X-CTUでBreak信号を送る都度、9600bpsで『OK<0D>』という応答がある」のだ。でも、それ以外の応答はなし。

  困り果ててDIGI社にメールしたが、2週間近く応答なし。催促したら、DIGI社からでなく、購入元の秋月からメールが来た。どういう契約になっているのかはしらんが、極めてカンにサワる対応である。メールアドレスを晒しておいて、メールを受けたんだから、自ら返事くらい寄越すのが筋ってもんではないのか、DIGI社め。印象悪いわ。

  ところが、再度、事象を確認しようと立ち上げたら、事象が起きなくなっていた。原因は、電源が不安定さにあったのかもしれない。単3電池を3.3Vに昇圧したものを供給していたのだが、マスタ側のみ突入電流が大きいのかしらん。レギュレータで3.3Vに降圧したものを供給する限り、特に問題なく動くようだ。

  画像の説明 画像の説明

  DIGI社に悪い印象を抱いているとはいえ、XBeeの代替となるパーツはそうはないから、ジタバタしても仕方ない。とりあえず、追加購入した2個のXBeeをエンドデバイスに仕立て上げる。巷ではDTRやRTSの接続が必須とされているようだが、そんなもんつながなくても、ちゃんとファームウェアを流し込めた。

  さて、そろそろテストばかりでなく、使えるガジェットをつくらなくてはな。


2011-08-10(Wed) スピーカの容積を計測

  先日、まずは適当にバスレフダクトを装着した自作のスピーカであるが、適当なバスレフダクトの長さを理論的に算出するには、エンクロージャの容積を知る必要がある。

  一応、タッパー容器には「BIG KEEPER 2400ml」と書いてあるが、ちょっと定規を当てた限りでは、とてもそんなにありそうにない感じがする。そうくれば、実測である。

  要するに、水を入れる。既に、加工してしまってあるものには、水を入れられないので、再び、同じタッパーを組で買ってきた。先日、秋月で安いスピーカユニットを買ったこともあり、それに利用するついででもある。

  画像の説明 画像の説明

  計量カップで水を入れていく。表記通りに2400mlを入れたら、こぼれはしないまでも、表面張力でギリギリ持っている状態になった。なんだよ、実際には2400mlの容積はないではないか。水をこぼしつつ、タッパーのフタを閉め、残った水を計測した。2250ml。計測完了。

  スピーカーユニットやバスレフダクトの占有分を考えると、もう少し目減りする感じかな。とりあえず、納得。

  さて、先日、作りっぱなしだった、秋月のPICライタをLinuxから使うためのrakipicであるが、ようやくちゃんとパッケージングしたので置いておく。

  そろそろ、本格的にZigBeeを再始動しなくてはな。


2011-08-12(Fri) 続々と、スピーカ、作る

  今日は、ちょっとした所用で仕事は休み。というわけで、おもむろに作業を開始したりする。

  先日、スピーカの容積を計測するために、100円のタッパーをふたつばかり追加購入したのだが、なんとなくやり始めたところ、やり始めたら止まらなくなってしまい、結局、こないだ秋月で購入した300円のスピーカの取り付けまでを済ませてしまった。タッパーとはいえ、キレイに丸い穴を空けるのはかなりタフな作業だったのだが……あぁ、疲れた……。

  画像の説明

  とりあえず、タッパーのフタを少しめくり、後方簡易バスレフ型の状態にして、音を出してみる。うーむ、違うね。どこがどうとは言えないが確かに違う。なんだろうね、この違いは。こーゆー気持ちがオーディオマニアへの入り口なんだろうなぁ。アブないなぁ。アブないねぇ。

  画像の説明

  先日、割った薪の切断面の平滑化も、ボチボチと進めている。これまた、かなりタフな作業。作業の甲斐あって、完全なスベスベまで、もう一歩のところまで来たが……なんか最近、コスってばかりだ……はぁ。

  夕方、風呂で汗を流してから、5歳のガキをつれて、近所の焼鳥屋に行く。実は2回目だ。5歳のガキを居酒屋につれていくなんざ、なんてぇヤクザな親だ、と思われるかもしれない……んが、しかし、この居酒屋、むしろ子連ればかりなのであり、実のところ「焼鳥ファミレス」なのである。オッサン同士で行ったら、むしろ浮くくらいに子供だらけ。タバコの煙が漂ってくると、こんな場所でタバコを吸うなんてッ!! と……思わず居酒屋であることすら忘れてしまうくらいの雰囲気なのである。

  店の前に「ご家族でのご利用歓迎」なんて書いてあり、子供向けのメンバーズカードが用意してあり、スーパーボールの当たるクジを引かせてくれる。ぜんぜんワケがわからない。最初からそう言うマーケティングで店を出したのか、途中でそういうニーズにキャッチアップしたのか。できて間もないんだがなぁ。どちらにせよ、ものすごい盛況なんで、成功してはいるんだが、どちらにせよ、驚きである。

  画像の説明

  とはいえ、5歳のガキとふたりで居酒屋なんて、さすがに間が持たないかもなぁ、なんて心配しつつ行ったのだが「タレと塩のどっちがおいしいか勝負」なんてイベントを挟みつつ、ホッピーを流し込んでいるうちに、自分的にはまったくフツーの呑み会の感触で、気づくといい気分になっていた。

  最後にソフトクリームを食わせつつ、一丁締め。よぉーっ、パン……って、オレはいったいガキに何を教え込んでいるんだぁ……。


2011-08-13(Sat) 利きスピーカ

  昨日の作業を受けて、利き酒ならぬ、利きスピーカを始めてしまう。一応、マトモなスピーカ(?)とも聴き比べてみたいので、以前に壊れたソニーのテレビから取り外しておいた同クラスのスピーカも出してきて並べ、ブレッドボード上でワシャワシャと差し替え、音の違いについて自らの耳で検証してみる。

  画像の説明

  むー、やはりというか、さすがというか、ソニーのテレビの音は落ち着いている。エンクロージャの強度の違いを感じる気がする。ま、比較対象は吸音材すら入れてないタッパーなんだけどね。しかし、中高音のキレに関して言えば、タッパーの方が、特に秋月スピーカの方が良い気がする。むぅ。タッパーとはいえ、一番、手塩にかけたこともあり、気持ち的には良い音がしてほしいP800がイマイチというのは……むむぅ。

  それはそうと、バスレフの管の長さによる違いは、体感できなかった。まぁ、各要素は複雑に絡んでいるだろうが、おそらくは数センチの差がそれほど効くことはないのだろう。今回、影響の大きい要素と、小さい要素を見極めるのも目的であるので、それはそれで有意義であったが。

  さて、オイラのブログでは、滅多に時事ネタを引用して語るようなことはしないのだが、今回ばかりはさすがに引用したくなった。というのも「自家製 MP3 プレイヤーが原因で空港閉鎖」っていうニュースが、モロに他人事ではなく、結構シャレにならないものを感じたからである。もしオイラのアイテムが完成し、海外に行く機会があれば、間違いなく何も意識せずに持って行くはずである。あぁ、イヤな世の中だなぁ。

  で、もうひとつ「Gmail的なものを自前で立ち上げるにはどうすればよい?」というニュース。オイラ、職場で毎日数百通のメールを相手にしているので、自作のメーラを使ってるんだが、まさにGmail的なものが欲しくて、作ったという経緯があるのだよね。

  画像の説明

  ちなみにこのメーラ、UI部分を取り替えられるように設計しておいたので、ちょっとしたcgiをかますだけで、ウェブメーラ(現状はビューア)に早変わりする。とりあえず、レンタルしているVPS上にインストールし、自分のGmailアカウントに来たメールを周期的にフェッチさせ、職場でメールチェックできるようにしてみた。うむ、便利。

  なんとなく、上記のニュースを見たら、再度イジりたくなってきた。長らくリリースしてなかったが、久々にリリースしてみるかな。あぁ、またやることが増えてしまった……。


2011-08-16(Tue) 結石の製作体験

  ガキの小便は高速だ。連れションすると速さに驚く。量が少ないのもあるのだろうが、パッと出て、すぐ終わる。自分もこんな頃があったような気がする。オッサンになると、そうはいかない。出るまでに時間がかかるし、終わるまでにも時間がかかる。

  ガキは勝負にこだわる。どっちが速く終わるか勝負、なんてケシカけると、盛り上がりまくる……んが、この週末、ハナから負ける勝負とはいえ、ちょっと負けすぎた気がする。これは……残尿感というやつか。出した直後なのに、またトイレ。ここ数日、急にだ。いままで、こんなことはなかったのに。

  ある朝、下腹部がわずかにチカチカする。おかしいなぁ、と思いつつ、職場へ。んが、昼になる前、左の足の付け根あたりが痛み出す。おかしいなぁ、と思いつつ、トイレの大へ。しかし、最中、痛みが強烈になってきた。これはイカン、かなり痛い。このままの調子で痛みが増すと、尻すら拭けなくなりそうだぞ。ややや。

  しかし、徐々に痛みは引いてきた。結石だと、耐え難いと聞くが、それほどではなかった感じ。とすると、盲腸かもしれん。面倒くさいなぁ。自席に戻り、まだ痛い腹を押さえて、しばらくうなる。

  と、痛みがかなり引いてきた。結局、なんだったのだろう。トイレの小に行く。あ。茶色の粒っぽいものが転がっている。やはり、結石だったようだ。

  ちょっと調べたところ、5ミリ角を超える場合は、通常の経路では排出困難とある。オイラのは2ミリ角未満だ。痛みがそれほどでもなかったのは、小ささのおかげだろうな。「体験版」って感じだ。

  画像の説明

  オイラのオヤジは、幾度となく結石を製作している。遺伝的な要素があるかもしれん。とりあえず、今回の「結石の製作体験」は、なかなかに面白い体験だった。決して、今後、どんどん製作していきたくはないが。

  にしても、恐ろしく痛い割には、ポトンと落ちれば、即、完治、という病気ってのも、面白い病気であることよ。


2011-08-20(Sat) スピーカ、補強

  先日、ちゃんとしたスピーカに比べると、エンクロージャの強度の違いを感じると書いたが、ほんじゃ、補強してやればいいじゃないか、と、タッパー内部に2本の柱を立ててみた。ここまで来たら、徹底的に金を掛けないことにコダわってみる。材料は、手元にあった割り箸とボンドである。まさに「おてもと」の部品を用いた工作である。

  画像の説明

  で、試聴。で、驚いた。かなり低音がズンドコと鳴るようになった。思わず「TAITO GAME MUSIC VOL.2 DARIUS」のCDを取り出してしまった。圧縮音源は、ドラムの音などがぜんぜん変質してしまっているものだからね。いやぁ、これはいいわ。P800のスピーカが、秋月のスピーカより、ソニーのテレビのスピーカより全然上の音を出すようになったわ。

  ただ、低音が増したせいか、中高音が目立たなくなってしまった感じがする。決して、出てないわけではないと思うが、引っ込んでしまった。こういうのはツィータを付けると改善されたりするのだろうか。

  画像の説明

  一方で、内部には吸音材を貼るのがセオリー、ということなので、適当にフェルトを詰め込んでみることにした。見た感じ、いかにもモコモコな状態なので、これはモコモコな音になりそうだな、と思ったら、まったくもって想像通り。「モッコモコにしてやんよ」という音になった。当然ながら、入れるにしても、もう少し控えめに入れる必要がありそうだ。

  それはそうと、どれもこれも中途半端なままだが、さらに自分の部屋の照明を赤外線リモコンで制御可能にするプロジェクトを開始した。今度は電池の交換をしなくて済むよう、AC100VでPICやリレーを動かすことにする。そして、先日に日米商事で5個100円で買った1uFのACコンデンサがリングに上がるのである。

  画像の説明

  そしてタッグを組むのは、久々に登場のPIC16F819……おぉーっと、なぜか書き込んでも動作しない。いったい、どうしてしまったんだぁー! 先日のPIC16F688と同じような症状だぁー! ……はっ、もしかして。

  どうも、秋月のライタのファームウェアをアップデートしたら、書き込みの単位が4ワードになり、ハンパ分が捨てられてしまうのが先日の問題の原因らしい。もしかすると、書き込み速度が上がったような気がすることと関係があるかもしれん。むぅ。そういう都合は

  というわけで、4ワード境界まで余計に書き込みを行うようにしたものを置いておく。

  現物合わせで作っている以上、こういうグダグダは避けようがない……トホホ。