SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2006-10-01(Sun) 再びPhotoshopを矯正ッ!!

  先日「健忘症なPhotoshopを矯正ッ!!」したのだが、元祖Photoshop Elementsには、依然として重大な不満点があるのである。それは……

  画像の説明

  「この○○なお姉ちゃんだッ!!」

  Photoshopを起動するたびに出るスプラッシュスクリーンの中のこのお姉ちゃん……付き合い始めてカレコレ5年以上にもなるが(Elementsと!!)、オマイはいったい誰なんだッ!! こういってはナンだが、特に萌え顔なワケでもなく、特別に崩れてもいないけど、決して毎日のように拝みたくなる顔じゃないぞ。正直、ややうざったい。

  優秀なフリーソフトに限って「うげげッ!!」っと思うような、オメメのデカいロリロリな女の子の絵が出てきたりもする昨今だが、まぁそれよりはマシとはいえ、どうせ出すならもう少し見て嬉しくなるようなスプラッシュスクリーンにして欲しいもんだ。別にオイラは金髪好きではないが、美人なら金髪の外人のお姉ちゃんでも別にイヤじゃないぞ……なにも……ねぇ……だって……さぁ……ややもすれば起動するのが苦痛になるんだってッ!! マジでッ!!

  気になり始めると、もー、気になって仕方ない……どーにかして、この顔を見なくて済む方法はないものか……つーか、こーゆーのを差し替えるのって意外と簡単にできるんじゃないの? ググる……Macならアチコチにやり方が出ている……そういえば、以前にオイラがPowerBook550cでレイトレにハマっていたころ、ResEditとかいう玄人向けツールがあったけど、やっぱりアレを使うんだ……となると、Windowsならdllあたりをイジるコトになるのかな?

  おっと!! ようやくWindowsでの記述が見つかったよッ!! やっぱり、リソースエディタを使うのね。ResBuilderか……ん? ResEditに名前が変わったのか? まぁ、いいや……ゴソゴソ……よし……あ、あれ? 差し替えはできてるハズなのに、スプラッシュスクリーンが出なくなってしまった。なんでじゃ?

  このリソースエディタのファイル再構築処理に問題があるのかなぁ? ……当初は「この顔を見なくて済めば」と思っていたが、差し替えられそうだともなれば、やっぱり美人に差し替えたくなっている……似たようなツールは……あった。ResourceHackerか……ゴソゴソ……\Program Files\Adobe\Photoshop Elements\Photoshop.dllを読み込んで……Bitmapの下の5020の中の1033がソレっぽいな……bmpで保存して、Photoshopで編集して、書き戻す……よしッ!!

  画像の説明

  ……って、小学生の歴史の教科書じゃねーってッ!! そうじゃねぇだろッ!!

  画像の説明

  うーむ……お気に入りの「女の子の顔」となると、オイラは数十年前から、ずうぅーっと、このCDジャケットで決まりなんだよなぁ……ホント、パッと思いつくのは常にこの写真。彼女もいろいろあったけど、やっぱり今でも好みなんだよなぁ。かれこれ15年以上か……しつこいねオイラも。

  ちゅーわけで、気がつくとサユリストのオヤジ連中の気持ちがちょっとわかったような気がして、自分もすっかりオヤジになったんだなぁ……などと、認識させられてしまう、そんな今日この頃である。Con tick show me!