SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|

2018-03-20(Tue) パックマンといつまでも

  ふとコンビニでパックマンを発見した。お菓子のプリッツを買って、コードを入力するとパックマンが遊べるらしい。どうせ対象はスマホだろうな、と思ってスルーしていたら、後日、カミさんが別途入手したコードをくれた。なんと、PCのブラウザにも対応しているらしい。早速、LinuxのFirefoxにコードを入力したところ、普通に遊ぶことができた。

  画像の説明

  実は自分はパックマンがかなり好きだ。ある意味、崇拝しているといってもいい。子供の頃に初めて実機を見たときの衝撃は今も忘れていない。「青い迷路がカッコイイ」「むちゃくちゃ楽しそう」という印象だった。特に、塗りつぶされていない、角丸の青い枠だけの迷路は、当時としてはありえないほどに高度な発想に思える。

  また、各モンスタに性格があり、追っかけたり、縄張りに戻ったりする、パックマンがクッキーを食べている時は速度が落ちる、レバーの操作は先行入力が可能、ヒネリの効いたコーヒーブレイクがある、などなど、内容の煮詰め方の程度がハンパない。ゲームデザイナの岩谷氏はゲームを作るために未来から過去にやってきたタイムトラベラではないかと思えるほどだ。

  ……んが、このプリッツ版は浅い……浅すぎる。モンスタの動きにメリハリがないし、いきなり反転するし、高速で移動できるアイテムは使いどころがないし、コーヒーブレイクにもヒネリがない。唯一、P形状の通路部分が袋形状なので、飛び込むタイミングに戦略が必要、という部分は面白かったが……偶然の産物だろうな。

  とりあえず10面クリアして壁紙をもらったけど、こちらもヒネリなし。残念ながら、お菓子のオマケなんだからそこまで期待すんな、ってデキというところですな。

  さて、以前にこちらのサイト経由で、パックマンの迷路柄の布があると知り、即座に1メートルほど注文してあったのだが、それで巾着を作ってみた。久しぶりのミシンなので、習作の意味もあるのだが、やたらと狭いロードスターのキャビンに小物を持ち込む場合、実際、小さな巾着が重宝するのだ。

  画像の説明

  習作とはいえ、作るからにはガチ。こちらのサイトを参考に、真剣に縫い上げる。布の継ぎ目の迷路もできるだけつながるように。

  画像の説明

  残念ながら、紐を両出しにするはずだったのに、片側を縫い閉じてしまったり、紐が出る場所の周囲の縫い位置がズレたり、紐が出る場所の布の合わせがズレたり……って、全部、紐が出る場所のミスじゃねぇか。実用上はまったく問題ないが、ちょっと小さかったかなぁ。近々、もう一度、バージョン2を作ることにしよう。