SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2016-04-03(Sun) 遅ればせながら、戦車道、観戦します!

  中川コロナシネマワールドで、4DX版のガールズアンドパンツァーを観てきた。

  画像の説明

  実は、先日、通常版のガールズアンドパンツァーは観ているのだが、デキが良かっただけに4DX版で観たくなってしまったのであった。映画を劇場で2回も観るのは2回目だ。前回、アバターの2回目をIMAXで観て以来。あれもIMAXという付加価値付きで、もう一度、観てみたかったという経緯で、状況は今回とよく似てはいる。

  映画本編は、かなり「思い切っている」と思う。「オマエラが観たいのはコレだろッ!!」といわんばかりの砲撃戦、砲撃戦、砲撃戦、砲撃戦。途中、わずかばかり、入浴シーンと伏線が入るくらい。あとは、コネタ。キャラを生かしてクスッと笑わせるセリフを挟んでくる。それがすべて。

  要するに、砲撃戦、コネタ、砲撃戦、コネタ、入浴シーン、伏線、砲撃戦、コネタ、砲撃戦、コネタ、砲撃戦、コネタ、砲撃戦、コネタ、砲撃戦、砲撃戦、砲撃戦、砲撃戦、砲撃戦、コネタ、伏線回収、エンディング、って感じ。

  ストーリーとか、面倒じゃん、といわんばかりの思い切った構成。でも、それがスガスガしく、それで十分に面白いんだから仕方ない。ある意味、アンチガンダムだな。政治ドラマとか、そんなのいる? って感じ。

  で、2回目。劇場の入り口にロッカーが据え付けてあるのに納得。席がガタガタと動くので、荷物をそのヘンに置いておけないための配慮だ。すかさず、手荷物をロッカーに押し込んだ。気が利いてるな、こりゃ。

  で、席に着いて驚いた。「一番前のド真ん中」という思い切った席を選んだのだが、なんと4列目だ。前3列分、通常の席が並んでいるのだ。4DXでない上映用らしく、そこは空席。実は、一番前ってのもちょっとマズったかな、と思っていたので、中川コロナの4DXに関しては、ベストな席だったといえよう。ちなみに、延長上映なのに、席は7割以上は入っていた感じだった。そら、上映期間を延長するわ。

  意外だったのは、席が4つ組みというところ。オイラは左端だったので、揺れ方の大きさも向きも左右対称にならない。まぁ、それほど気にはならなかったけど。

  で、心配だったのは、4DX用に後付けされた動きだけに、ミスマッチがあるのではないか、というところだが、ほとんど問題なし。最初から最後まで、ちゃんとキッチリとシンクロして、違和感はほぼなし。エンジンの振動、戦車のサスの効き、砲撃の振動、着弾の衝撃、砲弾が切り裂く空気、そして、なんといっても、丘を駆け抜ける風! 基本的には扇風機なんだろうけど、一方向からじゃなく、方向も強弱も複雑に渦を巻いて、自然に吹いている風を感じさせるのがいい。扇風機の風の不自然さに不満のあるオイラとしては、感動モノだった。家庭用に欲しいなぁ。

  いやー、4DXが不満、という評判も聞いていたが、ガルパンに関しては大満足だった。確かに誰視点の動きかわからん時がある、というのもないことはないが「誰かが映像に動きを後付けした」という低レベルな印象は受けない。先日に動きナシで映画を観ていたのが、逆に不思議なくらい。追加料金が高いという意見もあるが、アフターバーナーなら5分足らずで200円だぞ。2時間たっぷり動いて1000円なら安い。ファイナルバトル付近は、特に動きを大きくしているようで、ヘッドレストに頭がガンガンと当たるのは快感だったなぁ。

  最後に、難点を言えば、砲撃の音量が足りなかった。先日、名古屋駅で観た時は、心臓に響くほどだったが、それがよかったのに。それと、入浴シーンのシャボンの香りが、イマひとつ。

  しかし、DVDを買っても、これを味わえないんじゃ、片手落ちだよなぁ……。むしろ、DVDの購入意欲が落ちるわ。4DXが家にないとねぇ。もう一度、観たいなぁ。

  あ、ひとつ思ったが、砲弾が切り裂く空気を再現するプシュッってヤツ、スプラトゥーンに対応したらいいのになぁ。