SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|

2013-06-15(Sat) バルナック型、10年ぶりの復活

  突然「とある」デジタルカメラが気になり始め、先日、実際にモノを見てみようと某大型カメラ店に向かった。

  その時、ふと「あえていま銀塩で遊んでみるのも悪くない」と、ノゾいてみた銀塩コーナーは想像以上の状態だった。なんと、事務机程度の冷蔵棚が売り場のすべてなのだ。オマケにフツーのネガカラーが1本500円くらいで売られている。さすがにおフザけに500円は高い。結局はなにも買わずに帰宅してしまった。

  たしか、自宅には未使用のフィルムが何本か残っていたはずだ。もちろん「経年劣化しきっている」のはわかっているが、おフザけのつもりなら十分だろう。家中をかなり探し回ったものの、どうにか「バルナックライカ(フェイク)」と何本かの銀塩フィルムを発見することができた。

  画像の説明 画像の説明

  実は、いつかガキと「マニュアルカメラ」を持って「撮影散歩」をする機会をうかがっていたのだよね。そして、その時、一番に持ち出そうと思っていたのが、この「バルナック型」なのだ。コンパクトで写りが「悪い」のが、お散歩カメラとして最適なのだ。

  さて、久々のフィルム装填に備えて、ちょっと底フタを開けてみ……って、フィルム入ってるやんかッ!? やっちまった……慌ててフタを閉めながら……ふと、これは面白いことになった、と思い直した。

  10年近くもカメラに入れっぱなしで、フィルムの感度も不明、残り枚数も不明の年代物フィルム。でも、このタイプは「パトローネから引き出してから撮る」タイプだから「これから撮る分」には、フタを開けてしまった影響は限定的なハズだ。やばい、ワクワクしてきた。

  そして、ガキに「バルナック型」を見せたときの反応の新鮮なこと。パッと裏を返すなり「(液晶モニタが)ないじゃんッ!!」ときた。それなりに「モノ」としての興味も湧いたようだ。

  熱田神宮を散歩しながら、代わりばんこに撮影する。曇り空だ。デジカメで露出を計る。ISO100と仮定して、F3.5の解放で1/200、一段絞って1/100くらいか。レンジファインダーの特長である二重像合致によるピント合わせ方法についてもガキにレクチャーする。おぉ、楽しい。

  トコトコ歩いて、帰り際、ちょうどフィルムが終わる。帰りのバスを待ちながら、ガキにフィルムを巻き戻してもらう。パトローネを取り出してみたところ……フジSUPER100の24枚撮りだ。完全に予想通りで、まずは一安心。フィルムを抜いてからカメラをガキに渡すと、メカメカしいカメラがかなり新鮮なようで、夢中になって空シャッターを何十回も切っていた。

  さて、自宅近くのコンビニにたどり着き、ダメモトでパトローネを見せたところ、さすがにもう扱っていないとのこと。ガキはすぐにでも現像に持って行ってほしそうだったが、明日にでも近所の写真屋に出してみることにしよう。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

とおりすがり [ライカⅢ型みたいですが、フェイクなんですか…。]

フルタニアン(管理者) [そうなのです。スローシャッターがないのでライカII型相当、たぶんロシアのゾルキーベースです。 フェイクと知ったうえ..]


2013-06-16(Sun) ネガフィルム、10年ぶりの現像

  ……というわけで、昨日撮影したフィルムを近所の写真屋に出してみた。10年間もカメラに入れっぱなしのまま放置したネガフィルムであるから、ロクに写っていない可能性を考え、現像のみ依頼したのだが……結果はこの通り。

  画像の説明

  「黒ッ!!」

  比較のために、普通に現像したフィルムと並べてあるが、未現像のまま10年も放置した方のフィルムは、写っていないわけではないものの、フィルムの枠の部分までがかなり黒い。これはつまり、経年劣化で「感光が進んだ」ような状態になったということなのだろうか。

  ちなみに「10年前に撮っていたコマ」も絵は出ていたものの、ようやく「バストショット」ということが分かる程度で、誰だか分からない。昨日、底フタを一瞬あけてしまった際に、感光させてしまった影響かもしれないが。

  フィルムスキャナがないので、デジカメで撮影して反転してみたりしたが、コントラストが低くてどうにもマトモな絵にならない。とはいえ、10年間も常温で放置したフィルムでも、撮影ができないわけではない、という結論が580円の現像代で得られたのは成果か。

  なお、近所の写真屋は、フィルムを購入すると「フィルム無料券」をくれて、同時プリントすると、同じフィルムをくれる、という「フィルムが永久に無料」という特典を実施していたので、改めてSUPER100の24枚撮りを購入してしまった。値段も納得の190円。

  なんだか、フィルム撮影ならではの「しっくり感」が楽しくて、いまさらながらフィルムカメラでの撮影にハマってしまいそうな予感だ。

  次に現像を依頼するときは、今回の「黒いフィルム」から何枚かプリントしてもらってみようかな。それと、今回と同じように、10年間もカメラに入れっぱなしのまま放置した「リバーサル」フィルムもあるので、ぜひそれも現像してみたい。10年間放置した中判フィルムもあるし、しばらくは「熟しきったカメラライフ」を送れそうである。


2013-06-17(Mon) X999S号、到着

  先日、突然にフィルムカメラを持ち出してきたきっかけは、このX100Sというカメラの購入だったりする。

  画像の説明

  最近は、シンプルな形状だったり、滑らかな形状だったり、ブラックだったり、レッドだったり……そんな現代的なカメラのデザインに真っ向から逆らうような、このトラディショナルすぎる「銀+黒」のデザイン。見かけを大昔のカメラにしたててあるだけで、中身は超近代的なデジタルカメラ。まさに、銀河鉄道「999号」のコンセプトそのままである。なんかの冗談みたいだ。

  さすがに10万超えは高すぎるので、かなり躊躇し、何度もX20かXF1で済まそうか悩んだが、シャッターと絞りが直接にダイヤルで設定できるデザイン、スプリットイメージ(っぽいもの)でマニュアルフォーカスできること、イメージセンサがAPSサイズであること、などの要素はどうしても捨てがたく、X100Sを選択せざるを得なかった。

  というか、オイラは本格的にカメラに興味を持つ前から「銀+黒」のデザインに強く引かれていたのだよな。カメラに対する原体験と言ってもいい。その後、職場の備品のX-700で邂逅。現在、所有しているFM2/T、F3/T、TC-1、フェイクライカ、すべて「銀+黒」だ。ブラックボディにはまったく興味がないといってもいい。

  で、撮ってみて、これは強烈だ、と思った。おそろしく色が深く、おそろしく解像度が高い。それまで気に入って使っていたRichoCaplioGX8のノイジーな画像とは比較にならない。清く正しく3:2というのもいい。ボケも存分に楽しめる。CCDの大きさのなせる業であろう。なんだか、自分の目よりも性能がいいのではないかと思える……そんな比較をすること自体、これまで想像すらしなかったが。まさに、記録を超え、記憶として保存しておきたくなる、撮っておけば安心、というクオリティだ。

  なお、このX100Sは、USBマスストレージクラスには対応していないので、これまで便利に使ってきた、自作の「photrans」スクリプトが利用できない。カメラ直結でなく、毎回SDカードを抜くのもテではあるが、かったるいなぁ……と、調べてみると、X100Sの対応する画像転送プロトコル「PTP」は標準化されている規格であり、Linuxからgphoto2ライブラリで利用できるとのこと。実際、コマンドラインからサクっと画像転送することに成功した。

  すかさず「photorans.ptp」を作成し、これまで使っていたGX8と同様に利用できる環境を整えた。ちなみにGX8では「オリジナル」と定義されていた画像転送方式だが、実はこれもPTPであることが判明した。実際、gphoto2でアクセスできる。それなら、両方ともPTPに統一しようか……と思ったら、どうもGX8のPTPにはバグがあるようで、動作がおかしい。結局、GX8はこれまでどおり「photorans」X100Sは新しい「photrans.ptp」と使い分けることになった。

  ちなみに「photrans」はCUIで、差分のみ自動的に画像転送するスクリプトで「年/月/日」のディレクトリ構成に配置してくれるもの。一応、スクリプトをここに公開しておく。

  しかし、正直、ブツ撮りが撮影用途の半分以上を占めるオイラには、X100Sはあまり適切ではないチョイスといえるし、中途半端にカメラが大きいとか、レンズキャップが面倒だとか思わなくもないが、この雰囲気の前には、そんなの仕方ないと思わせる魅力が本機にはある。

  これから存分に主力機として働いてもらうことにしよう。


2013-06-23(Sun) 内バリがバリっと

  画像の説明

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

いつもおせわになっております [全く同じ日にPWSWがメキョッとめり込みました… や、SVXじゃなくてレガシィなんですが。]