SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|

2011-12-13(Tue) 10年越しのミル入手

  気がつくとコーヒー党だった。

  カフェインを摂らないとプログラミングなんてできない、という「この業界」の常識に、盲目的に従ったのかどうか、今となってはわからないが、コーヒーを飲まないと調子が出ないのは確かな傾向のようだ。

  そういえば、プログラマに転職したのは10年以上前になる。その頃から仕事中のコーヒーが手放せなくなり、ちょうどもらったミキサーのミルで豆を挽き始めたものの、プロペラ式のミルだとロクでもないコーヒーしか淹れられないことに気づき、一時期は豆を挽いていたものの、そのうち面倒になり、その後はずっとインスタントに妥協してしまっていた。当時「豆が通過する」タイプの電動ミルは、業務用しか存在していなかったのだ。

  しかし、今や、喫茶店のアレがそこそこ手頃な価格で入手できるのだ。「カリタのナイスカットミル」である。ようやく入手できた。10年越しの夢が叶った瞬間であった。

  画像の説明

  ウチは、ゴマも胡椒も岩塩もミルで挽く。当然ながら、全然、違うのだ。コーヒーにこだわるなら、ミルは絶対条件だ。コーヒーの粉が散らないように作業するにはちょっとしたコツがいるが、当然ながらラクに高品質の挽き豆が得られる。挽いた時のコーヒーの香りもたまらない。あー、買ってよかった。

  画像の説明

  一方で、ついでに追加購入した「スマートカフェ」というコーヒープレスだが、割と使い勝手が気に入って2個目を注文してから、ペーパードリップのコーヒーを再開し、そこで初めて気づいてしまった。それまで、割といい線いっていると思っていたプレスのコーヒーが薄いことに。ガツンとくるコーヒーを淹れるにはプレスでは無理のようだ。

  とはいえ、想定外だったのが、この濃いめの赤と黒のコンビネーション。なんとも往年のX1を彷彿させるではないか。単なるマグとしてだけでも、悪い買い物ではなかったかもしれないと思ってみたり。

  それはそうとして、今はマトモなドリッパーが欲しい。昔、使ってたヒトツ穴のドリッパー、もう一度、買ってみるかな。