SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2010-10-30(Sat) ネットワークカメラよーし

  先日より、CS-W04Gというネットワークカメラを、玄関の脇の窓に設置している。まぁ、一応は、防犯用。動体検知機能があるので、有効にして、サーバに飛ばすようにしてあるのだが、見事に、通りかかった車両、人物を撮影してくれる。これで6千円強とは、何とも安い。

  画像の説明

  しかし、一応は、防犯用といいつつも、この値段で、おそらくはLinuxが載っているだろうことが、購入の決め手でもある。というわけで、しばらく運用の後、やっぱりバラされてしまうのであった。

  画像の説明

  狙い目は、ボード上のシリアルポートだ。まずは、カメラを接続しているUSBケーブルを抜いて、ミニPCIの無線LANモジュールも取り外す。後者は、変な接着剤で固めてあるので、少々難儀したが。

  無線LANモジュールの下のデカい「RTL8650B」というチップは、単体でCPU, LAN, USB, Serialの機能を有しているらしい。デカいだけあるな。ある意味、究極のワンチップマイコンだ。

  さて、ざっとボードを見回すと、2カ所に「それっぽい」スルーホールが見つかる。バラした状態で電源を入れ、テスタで電圧を測る。ボード中央右上の4穴では、なんと11.6Vが出た……フルレベルの232C!? まさかねぇ。ボード右下の4穴も測る。3.3Vが出た。たぶん、こっちじゃねーかなぁ。起動時にテスタで測ってみると、1.7Vに落ちるタイミングがある。間違いねぇ。こいつだ。穴の間隔が2.54mmより小さいんで、ピンヘッダはあきらめ、メッキ線を挿して、横に延ばす。

  もう、ずいぶん前になるが、FT232BMを使った習作基板を引っ張り出す。本当は5Vロジックだが、構うめぇ。まんま、3.3Vが出てる足を、習作基板のRxにツッコみ、ThinkPadに接続、minicomを立ち上げる。

  カメラを起動させてみる。バケバケのメッセージが出る。おう。9600bpsか? 違う。19200bpsか? 違う。38400bpsか? ビンゴ!! 起動メッセージが出た。kernel-2.4.26だってさ。

  画像の説明

  Tx側もつないで、Enterキーを押してみる。おう。shが立ち上がった。あれこれ見て回る……が、おもしろい発見はなし。動作しているプロセスは/sbin/enetというヤツだけだ。どうも、カメラの制御から、httpサーバ、smtp, ftpクライアントまでの全部を受け持っているようだ。

  バラしついでに、電源のLEDを赤色に付け替えた。青色LEDが出てからというもの、なんにでも青色を使いたがる傾向にあるが、そろそろやめようよ。やっぱり、電源ランプは赤でしょ。

  つうわけで、まとめると、ピンアサインは写真の上から、GND, Rx(受信), Tx(送信), +3.3V(たぶん)。通信設定は、38400-8N1である。グッドラック。