SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2019-11-23(Sat) 鈴鹿山脈を東へ西へ

  冬になって山道がクローズしてしまう前に、鈴鹿山脈を横断してみた。行きは鈴鹿スカイライン、帰りは306号。

  紅葉がいい感じ。名所に行くより、山道を走ったほうがいい。そんな道中、野洲川ダムの水が、かなり干上がっていて、光景が無残だったのが印象的であった。

  画像の説明

  引き返す道中で「相谷原杣線」という道を通る。思わず「マジ!?」と声を上げるほど狭い。水たまりを避けることもできないほど、左右に余裕がない。帰って調べたら、かなり有名な道のようだ。