SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2018-09-02(Sun) シャウト・カラオケ・オン・ザ・カー

  もうだいぶ前からなのだが、筋肉少女帯が好きだ。

  出会いは対戦格闘ゲーム「ストリートファイターII」のCMソング「バトル野郎~100万人の兄貴~」のシングルCDの購入だった。そしてしばらくして、なんとなく「筋少の大水銀」を買って、本格的に気に入ってしまうのだ。

  CDを買う前は「ガンガンとやかましいパンクロック&コミックソング」というネガティブイメージだったのだが「君よ!俺で変われ!」を聴いて気がついたのだ。こりゃ、単なるウケ狙いの歌詞なんかじゃなく、ヒネって一回りした直球のラブソングなんじゃないかと。

  気に入ると歌ってみたくなる、が、基本がシャウト系ボーカル。普通の歌い方しても意味がない。しばらく遠慮していたのだが、とあるカラオケでヤケクソ状態に陥り「君よ!俺で変われ!」を歌ってみたところオオウケ(ある意味で、だが)。

  その後、カラオケに行く機会は激減したが、いつか歌いこなしたいと思って、ちょいちょいシャウトを練習しつつ……あれ? 本当にあとからジワジワと来てしまったぞ。今さらだが「心の折れたエンジェル」「踊る赤ちゃん人間」とか曲も歌詞もいいなぁ。

  しかし、大槻ケンヂのボーカルはヘタウマのようでそうでもないのだ。もちろん、普通に歌うのも簡単ではないのだが、シャウトにはまた別の難しさがある。オマケにどうしても声量が上がるので、自宅での練習はしにくい。かといって、カラオケボックスに通えば金がかかる……となれば、クルマがベストなわけだ。愛車がオープンなだけに渋滞中にシャウトしてたらヤバい人だが、田舎道を走行中なら思い切りシャウトしても特に問題ない。

  というわけで、曲を流して一緒にシャウトしていたのだが……ボーカル入りだとどうしても耳がそっちを拾ってしまって、練習にならないんだな、これが。ここは、絶対にカラオケを流すべきなのだ。つまり、カラオケ・オン・ザ・カー。

  さて、そうなると、次はどうやってカラオケ音源を入手するのかということになる。ひとつは、古典的なボーカルキャンセラ装置を通す方法があるが、それを通したら極端に音質が落ちた記憶がある……ん? そういえば、以前にNintendoのWiiUでちょっとカラオケやった気がする。今だとスイッチ版が出ているんじゃないだろうか? そいつを録音してしまえばいいではないか。

  と、ネットで調べると……あるッ! しかも「夏の大型リニューアル記念キャンペーン」とやらで、無料開放デーがあるらしい! いつ!? って、今でしょ!! って、残り15分じゃねぇかよ、気づくの遅えよ……と、いうのが昨18日の夕方の話。カラオケアプリ本体をダウンロードして、1曲試したところで終了してしまった。なんつぅタイミング。

  画像の説明

  しかし、通信カラオケだけあって、曲のカバー率はスゴいな。筋肉少女帯だけでも百曲以上ある……というわけで、日を改め、イザ録音するのであった。チケットは3時間をチョイスして324円。基本的な手口はコレ。今回は、テレビのライン出力をLinuxノートのマイク入力に挿し、GUI上で「サウンドの設定」の「入力」の「入力レベル」を調整してから「$ rec -c 2 -r 44100 karaoke01.wav」という感じで録音。録音したらcccdctでチョキチョキ切ってlameでmp3化。

  画像の説明

  cccdctは、実に14年前に作ったプログラムだが、我ながら使えるヤツだ。今回、曲を自動分割するサポートプログラムauto_splitを作りつつ、分割マーカを目視できる機能を追加してみた。

  改めて、スイッチ版のアプリも通信カラオケだけあって、カラオケボックスの操作とそう変わりないのね。人気ランキングも出る。筋肉少女帯だと「機械」「君よ!俺で変われ!」「混ぜるな危険」「ゾロ目」「バトル野郎~100万人の兄貴~」「そして人生は続く」あたりが上位を占めている。自分の好きな曲とほぼ一致しているなぁ。しかし、どんな人が歌っているのだろう。シャウトも再現してんのかなぁ。

  しかし、当然ながらシャウトはノドに悪い。どうしたって悪い。やりすぎれば声がガラガラになって、職場で怪訝に思われるので注意が必要だ……っていうか、クルマでカラオケ気分の人って、別に珍しくないよね? ……思いっきりシャウトしてる人も、しかもオープンカーで……そ、それほど珍しくないよね? ……ねぇッ?