SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|

2016-01-16(Sat) ラガードのラガードによるラガードのためのレグザ購入 

  2016年が明けたところで、愛用してきたブラウン管ハイビジョンテレビTH-28D30が微妙な挙動を示し始めた。具体的に言うと、スプラトゥーンを遊んでいる時に、画像が上下にズレたり流れたりするようになってきた。

  数年前、実家から液晶テレビを譲り受けたので、TH-28D30は表示遅延ゼロの特性を生かし、ゲーム専用として活躍していたのだが、さすがに限界というトコロか。未だに画質は最高レベルなのだが、8年使えば、まぁいいか、という感じ。テレビ事情について思い返せば、エコポイントとか、ゲームにおける遅延問題とか、Wiiによるテレビ破壊ブームとか、シャープの隆盛と凋落とか、地デジのクソ画質以外の、様々な問題が「すぅ〜っかり全部片付いて」「すぅ〜っかり機能も価格も落ち着いた」ところでのテレビの買い替えということになる。しかも、出始めの4Kを避けてREGZA 43J10をチョイスだ。ある意味、最高の性能を、最低の価格で手に入れられたといえよう。

  パソコンなどが好きな自分は、イノベータ(新しいもの好き)なのだと思っていたが、実際にはほとんどの分野で極端にラガード(遅滞採用者)のようである。未だに電話もフューチャーホンだしなぁ。

  早速、スプラトゥーンで遊んでみる。極端に遅延が少ないというだけあって、違和感はゼロ。ヘボな腕がそれ以上にヘボにならずに済んでいる。そして、レトロゲーをやれば、すばらしくドットがクッキリと表示されるのである。

  画像の説明

  実に、ドット絵が起こせるレベルである。ちょっとボケるくらいが味があるという向きもあろうが、個人的にはこのガビガビにドットが見える状態が好きだ。昔からココムったりとか、クレマったりとか、不正会計したりとか、会社としては最低だが、テレビは最高だぞ。ナイスレグザ!

  取扱説明書を見ると、中身がLinuxらしいのも気分がいい。ブラウザも付いているので、試しにこのサイトを表示してみたところで、例のゲームが動くか試してみたら……

  画像の説明

  ばっちり動くじゃないの。ちょっと遅いけど、普通にリモコンの左右で違和感なく操作することができた。

  さて、録画用のハードディスクでも注文するか。気づかないうちに便利な世の中になったもんだなぁ。