SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|

2013-02-25(Mon) マシン語でゲームを作る本

  ふと、思い立って、表記の本を入手してしまった。別にそうプレミア価格なわけでなく、千円弱で。

  画像の説明

  とはいえ、この本は私にとっては思い出深い本だ。中1か、たぶん小6だったはず。そんな頃に買った本だ。Z80のマシン語はこの本でマスターした。いまでも覚えていて、実際にいまでも英字を書くときは、自然にこの記述に従ってしまう。まさに三つ子の魂四十まで、である。

  画像の説明

  以前に、「この世の本はすべて俺の手中にある」という気分とかいいつつ、やっぱりそうも簡単に割り切れんのよねぇ。