SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2010-06-26(Sat) 今度こそ、ぺたじゅーら、リリース

  子供用のスケジューラを作ってみた。パッケージ一式を置いておく。ちなみに、対象は4歳児。

  画像の説明 画像の説明

  自分の人生がパソコン漬けだから、というわけではないが、コミュニケーションの手段として、週や予定という概念の学習ツールとして、お手伝いの記録ノートとして、なにより、パソコンに親しませるためのキッカケとして、である。

  既に、カミさんとは、似たようなスケジューラを、もう8年以上も稼働しており、連絡手段としてすっかり定着している。けっこう、便利である。

  今回、eRubyで作ってみた。最初、eRubyの目指すところがつかめず、<%と%>の間にprint文をバリバリと入れてしまったが、デザインに関する記述については、極力、HTML上に出しておくのがeRubyの流儀なのだろうな。悔い改め、書き直してみた。HTMLが読めれば、容易にカスタマイズできると思う。

  なお、同時書き込みロックとか、XSS対応とか、さっぱりやってないので、家族や、せいぜい課内の連絡以上の用途には使えないので注意である。では。