SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2008-12-03(Wed) AtomでFedora10で64で

  OpenSuSE11.0なら順調に動作する、次期サーバのDualCoreAtomマシンだが、出たばっかりのFedora10だと、インストーラが起動する前にパニックしたり、運良くインストールが完了しても、起動前にパニックしたりして、マトモに動作しない。

  こりゃ、SuSEに乗り換えろ、という神の啓示か? と思ったが、動かないのはシャクにサワる。しかし、情報を探しても、LANのドライバがどうとか、64ビット対応がどうとか、今ひとつ釈然としない。

  せっかくの64ビット対応、疑似ながら4CPUという、ある意味で強烈なマシンだ。早く100%の能力を発揮させたいのだが……と、さらに情報を探すと、なんとRed HatのBugzillaに情報があった。ハードウェアバグだと……そりゃ、不安定なわけだわ。

  マザーのBIOSを122に上げれば直るらしい。というわけで、インテルのサイトから修正モジュールをダウンロード。アップデートするのにWindowsが必要だとなると、一時的に2000を入れるほかないんだが面倒だな……と、思ったら、アップデート方法は5種類もあって、その中にISOの形式のアップデート用ブータブルCDイメージがあった。CD-RWに焼けば無駄もない。

  GnomeBakerでカリッと焼いて、サクッとアップデート。起動の際、Linuxっぽい起動メッセージが出たのにはちょっとウケたな。

  画像の説明 画像の説明

  改めてFedora10、x86_64版をインストール。今度は一発で決まった。

  画像の説明

  <かきかけ>


2008-12-09(Tue) 居残りdvd

  Fedora10になって、リポジトリがRPM Fusionに移動したとは聞いていたが、なんだかk9copyが動かない。

  よくよく調べると、ちょうどその部分だけが、こんなことになっていて……

  http://rpmfusion.org/FAQ#head-ad193f146afb4c556137f9009c5bfaabba21d74c

  ……こんなことになっていた。

  http://rpm.livna.org/repo/10/x86_64/

  なんともはや。 


2008-12-16(Tue) Core2との対決

  とりあえず

  画像の説明

  画像の説明


2008-12-28(Sun) フルタニアン宮殿を復興

  サーバ移行の手始めに、その昔に建造したフルタニアン宮殿を復興してみた。

  画像の説明

  手前味噌だが、おもしれぇ。懐かしさもあって、自分で見入ってしまって、作業が進まねぇったらない。


2008-12-29(Mon) tdiaryバージョンアップ

  サーバ移行に伴い、tdiaryをバージョンアップ。意外と変更が多くて、手間取る。なにより、もう少しマジメに日記を書かなきゃなぁ。

  それはそうと、以前から欲しかった、虎の敷物が届いた(正確には豹だけど)。さっそく、タイガーマスクっつーか、牙一族っつーか、グインっつーか……を気取ってみる。

  画像の説明