SVX日記

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|

2011-10-19(Wed) uPC2002アンプ、ケース加工……

  ぼちぼちと準備を進めてきたuPC2002を使ったアンプだが、気合いを入れてケース加工を始める。

  私は「電子部品は美しい」と思っているので、場合によっては、部品の配置等にこだわり「敢えて見せる」のも味があると思う。今回は、シンメトリーな部品配置にこだわり、以前に味をしめたダイソーのコレクションのディスプレイ用クリアケースをエンクロージャに使ってみることにした。なお、透明なプラのチョウツガイもダイソーで購入したものだ。

  画像の説明

  このケース、100円にしてはかなりの品質である。透明部分の透明度も申し分ないし、厚みも十分にあり、加工の際も非常に割れにくい。ただし、透明部分は土台の部分に載っているだけの状態であり、パチっとはハマらないのが、ちょっと残念ではあるが。

  夜なのでうるさい電動ドリルは使えず、ピンバイスと「素手ひねり」でケースに穴空け加工を施していく。徐々に手が痛くなってくる……をわッ!? ちょっと手をスベらせて落とてしまった……セーフ……加工完了。

  画像の説明

  ……と思ったらアウトだった。角が割れてしまっていた……ガチョーン。これはさすがにやり直しだな。100円だから懐は痛まないが、作業がパーになったのはショック。むーん、ふて寝。